人気ブログランキング |

タグ:中小・地方私鉄 ( 43 ) タグの人気記事

さようなら太平洋石炭販売輸送

令和を待たずして運転を終了した、太平洋石炭販売輸送。1998年の合宿で初めて訪れたきり、なかなか行く機会がなく廃止を迎えてしまったが、4月にさよならセレモニーが開催されるということでスクランブル発進をした。ためててよかったAir Do マイル。

仕事の関係で土曜朝一のAir do便で釧路入り。1998年以来の春採駅へ。
例の踏切には関係の方々、鉄道ファン、多くの地元の方々がいて大賑わいであった。
留置線にはさよならヘッドマークを付けたD801とDE601のPP編成が停車中。
d0157980_18243013.jpg

程なくして、オレンジのDD13タイプ2両が連結され、春採型が3重連で組成!

d0157980_18280145.jpg

一往復のみ設定されたさよなら列車は、21年前におとづれた、というか連れて行っていただいた(後述)撮影ポイントでどうしても撮影したかったので、さよならセレモニーは見ずに先回り。
どうしても行きたいポイントというのは、春採湖を俯瞰できるパチンコ屋ポイント。

天気はあまり良くなく、草木がかなり成長し抜けが悪いが、凍った春採湖を横目に進むシーンは21年前と変わらず。

d0157980_18302681.jpg

知人からの返しは、海岸線沿いの公園から望むポイントへ初訪問。旧線名"釧路臨港鉄道"の名の通り、知人からしばらくは海沿いを走る。
d0157980_18320559.jpg
d0157980_18320827.jpg

これが最後の運行となるか、多くの人たちに見送られ春採へ帰って行った。
d0157980_18335153.jpg

列車到着後、関係者の方々が記念撮影(お顔隠させてもらってます)。
これでさよならセレモニーが終了。DE601は蔵の中へ、D401とD701は蔵の横に、D801は空車のセキと連結されて翌日も留置されていた。その後の処遇はどうなったかわからないが、もう石炭を運ぶことはないだろう。
とても鉄道ファンに優しい会社であったと感じた。これは後述の件もそうだし、普段おとづれた方々の反応を見ても。
長い間、お疲れ様でした。
d0157980_18425091.jpg
d0157980_18474827.jpg



==========================================================================================
太平洋石炭販売輸送は、1998年3月に部活の合宿で北海道へ行った時に初めて訪問。当時中学生の私はこの鉄道の存在を詳しく知らなかったが、先輩がどこからか情報を入手、タクシーで春採駅へ向かった。
前情報では、アメリカンスタイル(日車のノックダウン製造)のDEと、DD13タイプ数両、中には元雄別鉄道のディーゼルもいて、貨車はせキ6000タイプが連接台車でつながっているという、なんだか摩訶不思議な貨物専用線と聞いていたので、とてもワクワクした。
d0157980_18473926.jpg
春採駅に着くと、空車のセキと知人方に噂のアメリカンスタイルDE601が連結されて留置されていた。
若い我々、事前連絡もせず、事務所へアタック。構内留置中の車両を撮影させていただいた。
d0157980_18474504.jpg

その後この列車を走行シーンを撮影すべく、再び事務所へアタックすると「まだ発車時刻は決まっていない」とのこと。
程なくすると、パジェロに乗った太平洋石炭販売輸送の方(後でお名前を尋ねると技術課のTさんとご教示いただいた)が、なんと親切にも我々中高生を車庫内などに案内してくださった。ご厚意に甘え庫の中を見学させていただくと、次はなんと庫から機関車を出してくださった。
d0157980_18554217.jpg
ロット式のDD13タイプのD301。のちに除籍されてしまった。
d0157980_18553779.jpg
アメリカンタイプのDE601。通常貨車が連結されているので、こちら側のご尊顔を拝むことはなかなかない。


色々案内して頂いてる傍、先ほどの貨物列車が荷役設備へin。石炭を満載にして再び留置。我々が走行写真を撮りに行こうか相談していると、Tさんはなんと車で撮影ポイントへ連れてってくれた。それが先に登場したパチンコ屋俯瞰であった。
さらには我々の撮影準備が整うまで無線で列車の発車を抑止してくださった。撮影地には北海道撮影で有名な鉄道ファン、H氏もいらっしゃった。
d0157980_19002362.jpg
凍結した春採湖の横をゆく貨物列車。
先の写真と比べると線路脇の木々がまだ植えられたばかり。背景も大きな建物や看板などがなかった。


再び春採駅へ連れてってくださったTさん。機関車や貨車、エンジンのことなど色々説明してくださった。飲み物までご馳走になったと記録には残っている。
その後我々は「太平洋炭鉱」内にあるナローゲージも訪問することを考えていたので、そのことについで伺うと、なんと再び車で案内してくださるとのこと。お言葉に甘え、坑内の案内、撮影をさせて頂いた。
d0157980_19071621.jpg
d0157980_19072194.jpg
炭鉱〜春採間のナロー輸送は廃止された後だったが、坑内軌道にはL型電機が健在。
ちなみに現在は架線は撤去され、バテロコが走っている。


その後炭鉱博物館まで案内してくださり、釧路駅までも送迎して頂いた。
当時、その後も充分なお礼ができぬままだったと思う。せめてもと思い、前述のさよならセレモニーでTさんに直接お会いし、その時のお礼と、Hさんなどと一緒に撮った記念撮影写真を改めてお渡ししたかった。それが主目的だった。しかし残念なことに私が春採駅に到着した時には、Tさんはもうご帰宅されており、再会すること、改めて直接お礼を申し上げることはできなかった。
Tさんはもしかしたらこの時のことをもうお忘れになられているかもしれない。記念撮影写真はTさんとお会いする機会があるという方に託した。その時自分の身分を同封することを失念したが、我々の思い出がTさんの手元に渡り、「こんなガキどもきたな〜」と一瞬でも思い出してもらるだけで充分である。
Tさん、当時は本当にありがとうございました。太平洋石炭販売輸送はさようならとなりましたが、どうぞお元気いてください。
d0157980_19100961.jpg
当時の記念撮影。


by tsuchitaru | 2019-05-01 19:18 | 鉄道写真 | Comments(0)

乗りたい呑みたいストーブ列車


何気にちょいちょい行ってる津軽鉄道ストーブ列車。
客車の屋根が更新されてしまったみたいだけど、やっぱりかっこいい!
DD352でも十分だけど、蒸機なんかが牽いたらすごいんだろうな〜〜
d0157980_00062708.jpg
d0157980_00060317.jpg

by tsuchitaru | 2019-01-26 00:06 | 鉄道写真 | Comments(0)

田植え前の青森行脚 その2

海峡線夜行撮影の合間に行った弘南鉄道弘南線。ここら辺はタイトルとは違い、田植えは終わっていた。
撮影地等の前情報は皆無だったが、岩木山バックで面白そうな駅があるとのことで、柏農高校前駅へ。



d0157980_15505995.jpg

おお、まるで仮降車場のような簡素な佇まい。
駅舎は赤く塗られ、「柏農高校前停留所」の文字。停留所ってのがたまらない!



d0157980_15523169.jpg

来る車両は元東急7000のみ。ステンレス車ってのはいただけないが、かわいい顔が相まって充分なローカル感。



d0157980_15532127.jpg

快晴だったので岩木山もバッチリ。



d0157980_15543095.jpg



d0157980_15534876.jpg

周辺でも充分車両が撮れる。のんびりいいロケーション、たまらないよローカル私鉄!



d0157980_15553785.jpg

ついでなので近くにある有名なコンクリート橋へ。残念ながら光線がいまいち。


なにげに楽しめな弘南鉄道弘南線。また改めて行ってみたい(けど機会ないよねー)。
このあとは貨物を狙いに海峡線へ戻った。
ともに'15.5.23

〜つづく〜
by tsuchitaru | 2015-09-13 15:57 | 鉄道写真 | Comments(0)

春の東武1800

毎回恒例、GWの東武1800日光臨。今年もいろいろ絡めながら出撃。

d0157980_1624376.jpg

板荷〜下小代の定番ポイント。水鏡を狙うも風が出てしまったので、新緑を入れてアップで。
わかりにくいけど山藤が咲いている。
15.5.2 板荷〜下小代



d0157980_1642334.jpg

今回は東武日光〜下今市間のアルバイト運用も追ってみた。
新緑と男体山を絡めて。
15.5.2 上今市〜東武日光



d0157980_16153539.jpg

下小代駅周辺にはツツジが満開
15.5.2 下小代


d0157980_16155528.jpg

キジが飛んできてびっくり!



d0157980_169241.jpg

返しの送り込み回送は、思川を渡る鉄橋で悪い人たちと撮影。
15.5.2 楡木〜東武金崎



d0157980_1616501.jpg

翌日は、定番をサイドから男体山バックで。ちょっと薄いですね。
15.5.3 板荷〜下小代



d0157980_16174333.jpg

その後山々は雲の中へ入ってしまったので、水田いれてひろびろと(超妥協)
15.5.3 上今市〜東武日光



d0157980_16183860.jpg

水車小屋がこしらえてある公園があったので絡めて。残念ながら一番いい位置の水車は故障中…。
15.5.3 上今市〜東武日光



d0157980_16194771.jpg

麦が綺麗。
15.5.3 北鹿沼〜板荷



この時両毛線で485系臨時が走っていたせいが、普段より定番ポイントには撮影者が多く見られたが、それ以外は全然平和。秋には定番すら平和に戻ることを祈って…。
by tsuchitaru | 2015-06-28 16:22 | 鉄道写真 | Comments(0)

あじさいの季節

春を通り越してすっかり夏の陽気な今日この頃。
街中にはもうあじさいが咲き出しております。あじさいは梅雨の花、晴れより雨で撮りたいような。

ここ最近の写真は、スキャンさぼってるのでそのうち。


d0157980_18181690.jpg




d0157980_18182817.jpg

'14.6.22 大平台〜出山(信)
by tsuchitaru | 2015-05-31 18:19 | 鉄道写真 | Comments(0)

TKK 7600

東急の7600系7601Fが今月の引退のよう。正直馴染みのない形式なので、全然撮っていなかったが、今日蒲田駅でさよならイベントがあった関係で土曜運転があったので、エビ中FC限定ライブのついでに撮りに行ってみた。
06運用とかいうものらしく、15時過ぎには雪が谷なんとかに入庫とのこと。池上線と言えば蒲田の4線区間、高圧線門型鉄柱、そして妙に高い五反田の高架のイメージ?手軽にいけそうな五反田の駅でまずお手軽撮影を試みる。
幸い駅先端はいたって平和、2面の島式ホームの右側に入線してくれた。



d0157980_22533227.jpg

15.2.7 五反田


これで帰ってもよかったが、入場してしまったSuicaを出場処理させるため先行列車にのって蒲田方面へ。
どこの駅先端もギャラリーがたくさんだったので、池上線っぽい駅「洗足池」で適当に撮影。



d0157980_2256874.jpg

15.2.7 洗足池



撮影しているときは気づかなかったが、方向幕や運行番号幕がLEDから幕式に復元された貴重な行路らしい。そーいえば8000系が東横から撤退する時に8039Fにも似たようなことやってたな〜。
次は7900系の引退。そろそろ攻めてみよう。



d0157980_22584192.jpg

某日 学芸大学〜都立大学
by tsuchitaru | 2015-02-07 22:59 | 鉄道写真 | Comments(0)

秋の箱根登山鉄道

4年ぶりに紅葉の箱根登山鉄道を撮影に。
へそ曲がりなのであえてJRで小田原入り。狙うは4年前改修中で撮影できなかった"出山の鉄橋"こと早川橋梁。



d0157980_22334732.jpg

14.11.23 塔ノ沢〜出山(信)



撮影ポイントとなる吊り橋は、渡った先の旅館の敷地内。入り口に「私有地につき立ち入りは云々」という看板がたっていたので、ホテルで許可をもらった。先に来ていた人はしらないが、それ以降来た人は誰一人そのような事していなかった。渡った先に車を止める輩や、タバコを吸うキチ◯イも居る自由な空間が広がっていた。よいこのみんなはきちんと許可をとり、お行儀よくしよう。



d0157980_22363381.jpg

14.11.23 塔ノ沢〜出山(信)



縦アン横アン、アップ広角ひとしきり撮影。この狭い鉄橋で3両すべてを収めようする若者たちがいたけど、どんなアングルで撮ってたのだろうか・・・。
飽きてきたところで、毎度おなじみ大平台駅へ移動。バスで一駅。
大平台駅では無難に駅進入を撮影したところで、沿線が山影に入りタイムアウト。帰りも混雑した小田急ロマンスカーを避けて、湘南新宿ラインのロザでまったり帰宅。



d0157980_22404475.jpg

14.11.23 大平台
by tsuchitaru | 2014-12-01 20:26 | 鉄道写真 | Comments(0)

たてもの園 都営7514

秋限定ライトアップ!



d0157980_21392445.jpg

2014.11.22
by tsuchitaru | 2014-11-23 21:39 | 鉄道写真 | Comments(0)

いすみ鉄道 小谷松駅発車

猛者達による撮影地の開拓、作法が作られていそうで敬遠していたが、キハ28が導入されてから初めていすみ鉄道訪問をしてみた。知らぬ間にいろいろなことがかわっていて驚き。祝日はHMが着かなかったり、大多喜〜上総中野間も頻繁に運転するようなダイヤになっていたり。
加えて木更津の先で終わっていた圏央道が、高滝湖先まで延びていた。おかげで大多喜まで1時間ほどで着くという便利さ! 小湊に比べコマ単価が高くなる印象が払拭されそう。
ということで初体験の大多喜〜上総中野間で撮影。猛者達がいっぱいで、自分のようなにわかは排除されそうで恐れていたが、鉄ちゃんが意外に少なく拍子抜け。なにかおいしい物でも他に走っていたのか??
祝日は、急行表示看板なしキハ28が魅力的。夕方の大原行きはキハ28側先頭では撮りづらいが、大多喜手前で唯一線路が西に向きそうなので、小谷松駅発車を望遠でパシャり。う〜ん、アングルは水平来てるのに路面コンディションが悪いのかキハのお顔がちょっと斜めになってしまった〜。




d0157980_12224389.jpg

14.9.23 小谷松
by tsuchitaru | 2014-10-05 12:26 | 鉄道写真 | Comments(0)

函館行脚2014 〜函館市電530〜

最終日の朝、どん曇りの中アングル確認で釜谷S縦アングルで構えるも、直前に赤い服来た鉄が踏切脇に乱入してきて失敗。愛しの9号機だっただけに実におふぁっく。
追っかける気にもならず、そのまま函館空港へ向かうが、函館市電の車庫によってみた。
ハイカラ号がいるな〜なんて眺めていると、車庫の奥からなにかが出庫・・・おおお530ではないか。超偶然にも車庫横留置線へ入れ替え。

d0157980_23104945.jpg


ひとしきり撮って帰ろうとすると、広告なしの812号も来たではないか。
天気が悪かったが朝の釜谷Sでのストレスが少し解消され、帰路につけた。


d0157980_23124358.jpg

by tsuchitaru | 2014-05-17 23:13 | 鉄道写真 | Comments(0)