タグ:ブルトレ・客レ ( 127 ) タグの人気記事

台湾行脚2018

今月頭に台湾へ行きました。実に5年ぶり、今回は仕事ではなくプライベートでの訪台!
拠点は例のごとく新竹。

まずは合間に廃止が噂される南廻線の普快車を撮影してに南の方へ行った日。
鉄旅行ではなかったが1日だけ自由行動させてもらった。
始発の高鉄で左営へ。まずは新左営で軽く駅撮り。
d0157980_12200603.jpg
d0157980_12280097.jpg
台東行きの莒光号。新左営で電気機関車からディーゼルにカマ交換。
台湾の客車は電気機関車牽引時は機関車から交流電源をもらっており、ディーゼル機関車牽引時は電源供給用の客車を1両連結する仕組みになっている。

d0157980_12195664.jpg
5年前はまだ試運転中だったEMU800が幅を利かせていた。
ここから自強号で大麻里を目指したが、枋寮駅につくと駅留置線側が大規模工事をしていた。
電化工事の影響?
d0157980_12361519.jpg

5年前の枋寮駅。普快車に莒光号に復興号客車の区間車と賑やかだった。
d0157980_12411635.jpg

太平洋を横目に南廻線を進むと、海側に道路ができているところが多数あった。5年前は撮影できた金崙駅手間の橋梁も風景が一変していた。
大麻里駅につき、俯瞰撮影できるポイントまでタクシーで行こうかと考えていたが、駅前にタクシーの姿はなく・・・仕方なく行けるところまで競歩で目指す。どうにか"下段"のポイントまで30分でつけたので設営。もう汗だくだくだった!空気はガスっているが、ここはフォトショップ先生に頼ろう。
そして待つこと数分、普快車通過!あれ、日本客車が連結されていない!?どうやらここのところ連結されていないようだ。これまた5年前とは違う・・・ま、でもそれなりの写真が撮れたのではなかろうか!

d0157980_12470825.jpg
d0157980_12472114.jpg

DR3000か何かのディーゼル自強号。南廻線の莒光号や復興号もだいぶ姿を減らしてしまったようだ。






帰り道の途中で自由行莒光号を撮影。莒光色の部分だけ切り取り。

d0157980_12522872.jpg

自強号で帰路に。時刻表では莒光号だったのに、きっぷを買おうとしたら「没有」と言わ、自強の切符が発券された。
d0157980_12540650.jpg

途中高雄駅に寄り道。地下化目前の駅舎などを軽くぱぱらっち。
d0157980_12544571.jpg
d0157980_12545663.jpg
d0157980_12554714.jpg


次は陶器を物色しに鶯歌へ行った時の写真。途中桃園駅で乗り換えをしたのだが、高架工事のため仮駅になり、従来ホームが廃墟と化していた・・・衝撃。林口線の線路も剥がされていた。
d0157980_13050440.jpg
d0157980_12574802.jpg

2012年の桃園駅。まだ林口線が生きていた。
d0157980_13060975.jpg
d0157980_13061464.jpg
d0157980_13060489.jpg

鶯歌は、幸福水泥のサービスステーションがあるため貨車の扱いがある。この日は貨車はいなかったが、入れ替え機は止まっていた。
d0157980_13071939.jpg
茶器を物色したり牛肉麺を楽しんだ後、例の歩道橋でちょろっと撮影。

d0157980_13085567.jpg

今何かと話題のTEMU2000普悠瑪号は、EMU800に被られてしまった・・・しかしEMU800、凄く増えましたな。
d0157980_13090585.jpg
鶯歌の街にあった、謎のトロッコ。焼いた陶器でも運び出すのかな?
d0157980_13110798.jpg
d0157980_13111416.jpg


新竹を拠点にしたのは、台中や台北にも出やすいのと、ついでに鉄ができるからでもあるのだ!
新竹駅の東側には小規模なDeptがある。この日は運よくR30のリバイバルカラーに遭遇。
d0157980_13125516.jpg
構内の3軸貨車も健在。
d0157980_13125951.jpg

話題の普悠瑪。正直かっこいいです。
d0157980_13130340.jpg
d0157980_13143722.jpg

スケジュールの関係上、荷物列車を撮ることはできなかったが、莒光号にぶら下がる荷物車を撮影。
スナップがはかどりました。
d0157980_13162132.jpg
d0157980_13162602.jpg
d0157980_13163530.jpg
d0157980_13164640.jpg
d0157980_13163803.jpg
d0157980_13165469.jpg

新竹にある城隍廟のまわりは市場になっており雰囲気がとても楽しい。
周りの屋台のような飲食店で食べるビーフン、魯肉飯、四神湯は格別だ。
d0157980_13210757.jpg

d0157980_13203694.jpg
d0157980_13203963.jpg
d0157980_13204363.jpg
d0157980_13204665.jpg
d0157980_13205354.jpg
d0157980_13205653.jpg
d0157980_13211053.jpg
d0157980_13211761.jpg
d0157980_13210315.jpg
d0157980_13214079.jpg

また近いうちに訪台したい!

by tsuchitaru | 2018-10-28 13:24 | 鉄道写真 | Comments(0)

梅雨〜初夏の上越線2題

ここ最近、撮影に出掛けることがすっかり減った気がする。
そんな中、梅雨から初夏にかけて2回ほど上越線へ出来かけた時の写真を。

1回目は梅雨真っ只中の6月。12系を用いた訓練列車が水上まで走るということで出撃。
梅雨らしい写真ということで、一枚目は紫陽花と絡めて。
通過直前に現れたおじさんに舌打ちされた。特異なところで構えてすみません(;´д`)
d0157980_20465139.jpg
復路は雨ザーザーだったので棚下定番で、雨の渓谷感を表現。
d0157980_20492347.jpg

次は梅雨晴れの7月。ばんえつ物語号用客車の回送に従事したEF64-1000を上越国境で。
岩原カーブの真ん中に咲いていた立葵と絡めて初夏感を。
d0157980_20511633.jpg
長時間停車で追い抜けたので、もう一発。トップライトなので被写体に対する光線具合はよくないが、
青い空に緑の山、初夏の感じはでている?
d0157980_20513414.jpg



by tsuchitaru | 2018-08-14 20:53 | 鉄道写真 | Comments(0)

お召し列車をちょっとだけ振り返る。

先日の秋田お召しには、出張の都合で撮影することができず、悔しさあまって?過去のお召し列車をちょっとだけ振り返ってみる。


初めてお召し列車の撮影機会が訪れたのは、ルクセンブルグ国王来日時の中央線お召し。
学校が終わって直行したので、都内駅撮りではあったが、ギラギラのロクイチ+1号お召し、そして生の天皇皇后両陛下のお姿には衝撃を受けた。

d0157980_173580.jpg

1999.4.8 阿佐ヶ谷


次に撮影したのは、ノルウェー国王来日時の鎌倉お召し。
この日は学校も休みだったので選択肢はたくさんあったが、都内から近い範囲の走行ということもあって
メジャーポイントは満員御礼。ということで103系撮影でたまに行っていたタイヤ公園ポイントで撮影。
歩道橋の上段から構えるファンは、警察に降ろされたりしてた。
その後先輩の車のサイドミラーがもぎ取られる事件がもっとも衝撃であった・・。


d0157980_1761785.jpg

2001.3.28 蒲田〜川崎


そして自分にとって最後の1号お召し撮影となったのは、石巻お召し。
牽引機はDD51ながら初めての日章旗クロス。天気もよく最高の撮影日和であった。

d0157980_1781859.jpg

2001.10.14 小牛田〜上涌谷


1号編成からE655系にかわり、最初のお召し列車となったスペイン国王お召し。
最新鋭の電車となったことで少し高揚感は減ってしまったことは否めない・・・。
手前に止まった工臨は大誤算!

d0157980_1720698.jpg

2008.11.12 北松戸〜馬橋


その次は中央線で走った甲府お召し。用事があったので通勤のいつも撮れそうだな〜と思っていた穴場的場所で撮影。警察もこず平和であった。


d0157980_1732995.jpg

2012.10.6 国分寺〜西国分寺


両毛線、陸羽西線、釜石線お召しに参加できなかなったのは、なかなか悔やまれる反逆的行為・・・
E655系になったとしても、警察や公安、ヘリコプター、スス払いの列車・・・あの緊張感に包まれたお召し列車撮影に次回は出向きたいものです。
by tsuchitaru | 2016-09-19 17:30 | 鉄道写真 | Comments(0)

最後の高尾臨

1999年に運転された、八高線経由の高尾山行き初詣列車、通称高尾臨。
たしか1999年が最後の運転だった。
当時は浦安に住んでいた高校生、始発で向かうもVな撮影地には到達できなかったので、越生駅から歩いていけるストレートで撮影したとおもう。
機関車はお召し牽引機DD51 842号機。

d0157980_1312699.jpg

1999.1.25 越生〜明覚
by tsuchitaru | 2016-09-19 13:02 | 鉄道写真 | Comments(0)

上越線を行くカシオペア

超久々の更新。


設定された上越線経由のカシオペアクルーズが一通り終了したので、上越線での記録をまとめ。


d0157980_13552919.jpg

まずは2016年5月15日に行われた試運転。越後中里で30分停車があったので、国境界隈でコマ数稼げたものの、水の張った水田が綺麗であったので、30分ほど登山して俯瞰一発勝負に。
奥に見えるは大源太山や巻機山などでしょうか。


d0157980_1355537.jpg

試運転返しは貴重な上越線上り筋であったので、毛渡沢俯瞰を試みるも、人が多そうなので回避。
手軽に石打スキー場俯瞰へ。ここからも魚沼の水田が綺麗に望めました。

動画はこちら↓
https://youtu.be/3QYYgtf3TgI?t=17s



d0157980_13561399.jpg

そして6月の本運転は、毛渡沢下り線俯瞰。ここは冬にEF64-1000貨物を撮った以来の訪問。冬以外は到達困難を思っていたが、地元の猛者にご指導ご鞭撻いただきながら登頂。
橋の袂の工事がうるさいが、峠感が出ていて素晴らしいロケーション。



d0157980_13562655.jpg

7月はなかったこととし、設定最後の8月は中里スノーウッドスキー場俯瞰へ。
さすが8月、30度を超える炎天下の中背丈以上の雑草をかき分けながら登頂するには厳しく、送電線がギリギリかわせる所で妥協。
超望遠を持っていかなかったので、180mmで後ろの山々を入れたアングルで撮影。


上越線経由のカシオペア、再度設定してもらいたい。
今度はPMに上越を上るスジでおねがいしますJRさん!
by tsuchitaru | 2016-08-07 13:50 | 鉄道写真 | Comments(0)

最後の夜行客レ

青森駅で見られる、最後の夜行客レの発着シーン。
小雪が舞う青森駅先端にて、超望遠で狙ってみた。


まずは夜10時過ぎに青森駅を発車する、急行はまなす。
すこし前まではスナップもゆっくり撮影できたが、いまは最後の活躍を一目見ようと多数のギャラリーで賑わっているため、機関車を眺めながらのんびり発車を待ち、ホームを離れたところをパシャり。
お花の絵がかかれたはまなすのヘッドマークを輝かせ、北海道へと旅立っていった。


d0157980_12485545.jpg

2016/2/27 青森


しばらくすると上野行き夜行列車カシオペアが入線してくる。
残念ながら機関車交換、方向転換のための運転停車であるが、長編成の客車列車がED79に牽引されてやってくるシーンはやはり貫禄がある。


d0157980_1249457.jpg

2016/2/27 青森



この2シーンの撮影、実は簡単そうにみえて非常に難しい。
技術的には明るい望遠レンズと高感度カメラがあれば楽勝だろうが、それ以外の要素で難易度が割と高い。
まぁ、運良く色々条件揃って撮れた写真なのだなー。
このあと宿で祝杯をあげたのは言うまでもない。
by tsuchitaru | 2016-03-06 12:42 | 鉄道写真 | Comments(2)

さようなら東北ブルートレイン

東北ブルトレとして活躍した青森24系。東北の長ED75に牽引されて秋田港へ最後の旅立ち。
さようなら。


d0157980_16122435.jpg




d0157980_16124055.jpg




d0157980_16124959.jpg




d0157980_16125746.jpg

by tsuchitaru | 2015-11-03 16:15 | 鉄道写真 | Comments(0)

田植え前の青森行脚 その4

翌朝のブルトレは、飽きずに蟹田の築堤へ再び。



d0157980_16145377.jpg

'15.5.24 蟹田〜中小国


まずは下り北斗星。本当は50mmくらいで広めに撮りたかったが、群衆の多くが中望遠で構えていたのでこんな感じで。ここで数名の方と久々に邂逅。あいかわらず愛知から車で来られた方も。いやーあっぱれ!
そしてまたもゲルマン民族の大移動で、はまなす側ポイントへこぞって移動。


d0157980_16163577.jpg


d0157980_16165167.jpg

'15.5.24 蟹田〜中小国



昨日よりも水鏡のコンディションもよく、気持ちよく通過!撮影者数も昨日より大盛況。
急遽駆けつけた人も多かったとか?
引きのアングルには残念ながらカメラマンの頭の影が。まあ許容範囲ということで。


これで撤収・・・ではなく、日本海側へ転戦!

〜つづく〜
by tsuchitaru | 2015-09-13 16:21 | 鉄道写真 | Comments(0)

田植え前の青森行脚 その3

日没後は青森駅周辺のホテルにin、お寿司でいっぱいやってから、駅で夜行列車を撮影に。
まともなバルブができないのはわかっていたので、デジカメだけ持って手軽にスナップ。

まず最初は下りはまなす札幌行き。
ガーガー唸るスハフのエンジンの音、においが印象的。


d0157980_1605178.jpg



d0157980_1614272.jpg



d0157980_1622175.jpg



d0157980_1623585.jpg




つづいてカシオペア。この直後駅が閉められるので要注意。


d0157980_1632874.jpg



d0157980_1634736.jpg



d0157980_164499.jpg



d0157980_1641489.jpg


いずれも15.5.23 青森にて。

〜つづく〜
by tsuchitaru | 2015-09-13 16:04 | 鉄道写真 | Comments(0)

田植え前の青森行脚 その1

田植え前の水田水鏡を狙って青森へ行った時の写真。
狙いは蟹田〜中小国の水田築堤。

終夜運転(といっても自分は助手席で爆睡する仕事の従事)の末蟹田に着くと、予報通りの大快晴!
まずは水田地区中ほどの畔で下りカシオペアを狙う。

d0157980_15192184.jpg

'15.5.23 蟹田〜中小国



残念ながら弱風が吹いてしまい、綺麗な水鏡にはならず。まぁ雰囲気はGoodということで。
つづいてはなますを迎え撃つべく上りアングルへ。周辺のカメラマンも一斉に大移動。


d0157980_15211410.jpg

'15.5.23 蟹田〜中小国



水田の水が少々干からび気味だが、充分な結果が得られてたのではないでしょうか。
このあと数本の貨物を撮影後、いくぜ東北ポイントで五能線を狙うも踏切故障でウヤに。
思いつきで近くの弘南鉄道で撮影。それは次の記事で。
弘南鉄道撮影後、下り4061レを撮影に再び海峡線へ。



d0157980_15452319.jpg

'15.5.23 蟹田〜中小国


すっかり見慣れたEH800。
このあとは青森のホテルへチェックイン、寿司と酒を浴びてから青森駅バルブへ出陣した。

〜つづく〜
by tsuchitaru | 2015-09-13 15:47 | 鉄道写真 | Comments(0)