<   2014年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

水郡線ゆう

地味に撮りたかった、水郡線のゆう。運転日を教えてもらえたので、常陸大宮〜静のストレートへ早速行ってみた。案外近い水郡線、朝5時に場所撮り。通過時刻頃には鉄ちゃんが40人ほどに。
背後にある建物の影がちょうど抜けたころ、ギラギラの朝日に照らされDE10牽引のゆう通過。
手前の影と電柱の影が・・・次回はもう少し望遠で撮ることにします。


d0157980_21261844.jpg

2014.11.16 常陸大宮〜静
[PR]
by tsuchitaru | 2014-11-30 21:28 | 鉄道写真 | Comments(2)

たてもの園 都営7514

秋限定ライトアップ!



d0157980_21392445.jpg

2014.11.22
[PR]
by tsuchitaru | 2014-11-23 21:39 | 鉄道写真 | Comments(0)

東武1800系 下小代築堤シルエット

東武日光からの下り列車は、16時過ぎ発車なためドエロ光で撮影できるのは10月中旬まで。
1800系は、1720系やスペーシア100系のような特徴的な形状をしていないので、シルエット撮影にはすこし物足りないが、ダメ元で例の築堤でシルエット狙いで遊んでみた。わかる人にはわかるかな??
16:20頃、秋っぽい空の下赤い電車が通り過ぎていった。



d0157980_1527444.jpg

2014.11.16 下小代〜板荷
[PR]
by tsuchitaru | 2014-11-17 21:16 | 鉄道写真 | Comments(0)

東武1800系 裏山俯瞰

東武日光についた1800系は、東武日光に留置場所がないからか一度新栃木へ引き上げる(その間に日光〜下今市間のアルバイト輸送をしているらしいが・・・)。その新栃木からの送り込みを山から俯瞰してみた。
板荷中学の裏にある山は通称赤岩山と言われているが正式名称はないらしい。山頂までは綺麗な遊歩道が整備されている。
遊歩道を20分ほどの道のりをしこしこ登り、そこからすこし下がった崖から、下小代駅方面と、日光の山々、そしてどーんと那須岳が拝める。
夕刻迫る15時過ぎ、手前の鉄橋を1800系が通過。下小代を過ぎて明神までの直線に1800系が乗ったとろこでシャッター押下。東武を撮っているとは思えないダイナミックな風景で、息切らして登った甲斐があったと実感。


d0157980_1553497.jpg

14.11.16 下小代〜明神
[PR]
by tsuchitaru | 2014-11-17 20:47 | 鉄道写真 | Comments(0)

東武1800系 秋の下小代築堤

毎年地味な恒例行事化している、シャア専用東武1800系臨時列車の撮影。今年は所用のついでに秋臨へ出撃してみた。
一発目は男体山バックを目論むも、雪が被っておらず、少々雲が湧いていたので、いつもの築堤アングルで妥協。ここ下りは半逆光だがバックの紅葉がいい感じに♪ 撮影者計4人、実に平和。



d0157980_1449122.jpg

14.11.16 板荷〜下小代
[PR]
by tsuchitaru | 2014-11-17 14:49 | 鉄道写真 | Comments(0)

上越線備忘録 〜毛渡沢俯瞰〜

5788レで高崎機関区へ戻った原色重連。土曜を挟んで翌々日の2071レもそのペアでは??なんて囁かれていた。ということで、念願の毛渡沢俯瞰に再チャレンジ。
なぜ念願かというと、ここで中越地震臨貨を撮影している後輩がおり、ただ単に羨ましかったから! それに毛渡沢橋梁のダイナミックさを下り列車で撮れるのは、ここくらいだからである。
そしてなぜ再かというと、前日にトライしたとき動物(おそらく鹿)に遭遇し、なかなかどかなかったのであえなく撤退したのだ。ビビりなんです・・・
今度はコメリで動物避けの笛と鈴を装備し再チャレンジ。毛渡沢の道路からカンジキを履いて上越線の鉄橋を潜り、あとは道なき山をひたすら直登するのみ。腰まで雪に埋もれながら、2時間ほどラッセルしてポジションに到着。手前の杉が成長していて、後輩が自慢してきたもっとサイドのアングルからは撮れなかった。
天気は晴れ。もう線路は山陰に入ってしまったが視界は良好!臨時の上り183系を見送りつつ、定刻に2071レ通過。うわ〜、次位が新更新機に振り返られてる・・・ここで原色重連を撮ることはできなかったが、先頭が原色だったのは唯一の救いかしら・・・。帰りは来た道をたった15分で下山し、帰宅したのであった。



d0157980_1753962.jpg

2010.2.21 土樽〜越後中里
[PR]
by tsuchitaru | 2014-11-15 17:08 | 鉄道写真 | Comments(0)

上越線備忘録 〜原色重連のワム〜

5788/5789レと言えば焼島のワム貨物。5788レは所定でもEF64-1000の仕業。しかも2071レの返しで長岡からくるので、この日は原色重連が5788レ牽引となる。となれば水上でバルブ撮影が可能となる。
水上バルブの定番位置からでは、50mと85mmで合う位置のどちらかに止まる。運が悪いと停目とかぶるが今日は・・・85mmアングルで停車!本当は50mmアングル(要はもう少し手前)で止まってくれたほうが、後ろの貨車が目立っていいのだが。でも前照灯を消されることもなく、じっくり撮影できたのはありがたかった。



d0157980_16462129.jpg

2010.2.19 水上
[PR]
by tsuchitaru | 2014-11-15 16:49 | 鉄道写真 | Comments(0)

上越線備忘録 〜厳冬の岩原を行く原色重連〜

2/14の原色重連が続いていた翌週末に再訪。毛渡沢橋梁俯瞰にトライするも、途中でリタイアしたため、岩原スキー場の駐車場からお手軽俯瞰。残念ながら吹雪いてきてしまい、なんだかとても寒そうな絵になってしまった。
せっかくの原色重連なのに、今思えば勿体無いことしたな〜。


d0157980_16413497.jpg

2010.2.19 越後中里〜岩原スキー場前
[PR]
by tsuchitaru | 2014-11-15 16:42 | 鉄道写真 | Comments(0)

上越線備忘録 〜長岡バルブ〜

正確には上越線は宮内までだが、おまけということで・・・。
「北陸」「能登」は長岡で方向転換し、信越線〜北陸本線へと進む。同時に交流対応機へカマ交換。
駅構外からバルブできるが超長玉が必要。APS-C機のEOS 50DにTele-tessar 4/300とMutar Ⅲで約680mmでなんとか撮れた。


d0157980_15161559.jpg

上り「能登」


d0157980_1520281.jpg

上り「北陸」


d0157980_15195156.jpg

上り「北陸」


d0157980_15192949.jpg

下り「北陸」



「あけぼの」は一番端っこの番線停車のため撮影は厳しく、「日本海」は中線を華麗に通過していた。
2009.12.13 長岡
[PR]
by tsuchitaru | 2014-11-09 15:22 | 鉄道写真 | Comments(0)

北海道行脚2014 round3 〜北舟岡スナップ〜

1日目に北舟岡でトワイライトを撮影した後の写真。土曜の夕暮れ、ちょうど下校の学生がいっぱい降りてきた。
小さな駅だけど、結構利用客は多いご様子。


d0157980_0133616.jpg




d0157980_014579.jpg


2014.10.11北舟岡
[PR]
by tsuchitaru | 2014-11-08 00:15 | 鉄道写真 | Comments(0)