<   2014年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

上毛電鉄の中央前橋駅

旧客の回送を撮りいったついでに、前から行ってみたかった上毛電鉄の中央前橋駅へ。
別にデハが走るわけでもないが、小川の横をひょろひょろ走るところが何となく気になっていた。
石垣の岸とごじゃごじゃした感じが、いかにも地方私鉄の風景。小さい頃見てた栗原隆司氏の「私鉄電車」って本にいっぱい載ってた風景。しかもやってくるのが原型に近い元京王3000形。スカートもないしいい。

d0157980_223995.jpg



d0157980_2239125.jpg

[PR]
by tsuchitaru | 2014-03-31 22:39 | 鉄道写真 | Comments(0)

さよならE331系

先週月曜に、千ケヨでながらくNEET生活を送っていたE331系が、NNへ廃車回送されたそうで。
いわゆる社畜なので、わざわざ有休とって、300円払って、東川口〜東浦和で撮影なんてしなかったが。
ちなみに長野電鉄へ譲渡されるなんて話をしている輩がおるが、ブレーキチョッパ積んでないし、短編成化できるよう作られていないから、譲渡されるわけがない。


d0157980_20482587.jpg


E331系といえば、E993系やモハ103-502の検証結果から生まれたDDM駆動や連接台車などの実用車。
噂では研究センターが勝手に作ったとか?合理化目指す事業方針とは、保守点検の手間など面であっていなかったので量産されなかったのだろう。
でもVVVFは、10極同期電動機を制御するので、16000系や阪急1000系などのいわゆるPMSM駆動同じようなもの(E331系の場合はレゾルバレスじゃないので一世代古いが)。
それなりに功績を残したのだろうなー(残念なことにPMSMはJR東日本で使われていないが)。

d0157980_20475481.jpg


近年まれな超ゴテゴテゲテモノ電車だったのに、廃車になるのは残念。
[PR]
by tsuchitaru | 2014-03-29 20:45 | 鉄道写真 | Comments(0)

ロクヨンセンと旧客

あけぼのが定期運用を終えてシクシクしていると、SLひな街道の送り込みが長岡EF64-1000牽引で走るという情報を大後輩から頂いたので、意気揚々と出撃。
とはいえど、EF64-1000が普客を引いて上越国境を越えたことは現役時代にはないので、あまりノスタルジック感はない・・・。しかもカマは双頭機、くわえて架線柱緑ゾーンは雪のため暖地仕様のマイカーでは到達できない・・・ということで半逆光のヤギシブでお茶を濁すことに。
関越渋滞にもまれて通過2時間前についたが、まさかの30人越え激パ。しかも皆さん追いかける気満々の様。
最終的に50人近くが集結、通過直前に曇ったが、とくにもめ事もなく平和に通過。
撮ってみると、なんだかかんだ言ってかっこいいいいいいいい!!
この撮影地、もう1スパン前(100mmくらいか?)で切るのがトレンドの様で、一人50mmアングルで切ってて恥ずかしかった。



d0157980_1403942.jpg

[PR]
by tsuchitaru | 2014-03-23 13:59 | 鉄道写真 | Comments(0)

さようなら あけぼの

あけぼの定期運行最終日。
上越国境からの定期旅客撤退。
EF64-1000の定期旅客列車牽引の撤退。


最後の"2021レ"をいつもの撮影地で見送り。この場所に何度立ったことだろうか。

d0157980_19101240.jpg





そして定期運行最終列車。






d0157980_1911509.jpg



d0157980_1912347.jpg







ご一緒したみなさんお疲れ様でした。

さようならあけぼの。
[PR]
by tsuchitaru | 2014-03-19 19:15 | 鉄道写真 | Comments(0)

上越線備忘録 〜遅れてきたあけぼの〜

青森から奥羽、羽越、信越、上越、高崎線と経由するあけぼのは、よく遅延する列車だった。
”まけぼの”なんて言われていた遅れあけぼの、上越線内であまり撮れなかった・・・。
毛渡沢俯瞰で撮りたかったな〜。


d0157980_1915441.jpg



d0157980_1921473.jpg



d0157980_1923889.jpg



d0157980_1925188.jpg



d0157980_193468.jpg

[PR]
by tsuchitaru | 2014-03-19 19:03 | 鉄道写真 | Comments(0)

上越線備忘録 ~はじめての土樽夜練~

さきほど定期最終の2021レを土樽で見送り。
土樽で見下ろして流すという手法は、能登や北陸がなくなる年に某掲示板でやってる方がいたのが初出と思われる。
なので自分もまねっこだ。


d0157980_13629100.jpg



d0157980_1365330.jpg



当時はEOS50D。それでもISO1600のフィルムで夜間流し撮りしていた人間に撮っては、カラーテレビ登場以来の大革命。
EOS50DはISO3200で面舵一杯。関越の明かりがあるこのポイントが聖地だった。
さ、これから最後の2022レを見送ろうとしよZZZZzzzz...
[PR]
by tsuchitaru | 2014-03-14 01:40 | 鉄道写真 | Comments(0)

上越線備忘録 〜抑止された北陸と能登〜

数年前まで越えていた、急行「能登」と寝台特急「北陸」。
最後の年は大雪のため上越線内各所で抑止されることがあった。


d0157980_22433697.jpg


この日は上りが遅れるという情報を元に高崎線で待っていたが、上りが来れないどころか下りが越後湯沢で抑止されてしまった。いつ発車するかわからないし、うちの車が暖地仕様なので上毛高原から新幹線でバビュンとワープし撮影(贅沢!)
写真的には何の変哲もない駅撮りだが、北陸と能登で越後湯沢駅が埋まってしまうシーンは貴重なんじゃないかな。
[PR]
by tsuchitaru | 2014-03-12 22:46 | 鉄道写真 | Comments(0)

上越線備忘録〜上越カッター2013〜

2013年の上越カッター撮影は1月の2回のみだった。センター試験の日かな?
珍しく土日連続で運転され、しかも両日ノーマル連結器の105x号機が活躍した。
それ以外連日国境界隈へ通ったが、邂逅することはできなかった・・・。


d0157980_23163095.jpg

中里の長岡寄りに停車。押しのけてきた雪がEF64-1000の力強さを表現している。


d0157980_23253852.jpg

連日とも残念ながら"1円玉"。でもそれもカッターの姿。


d0157980_2318286.jpg

まだ1月だと空が暗く、ひっそりとしたシーンが味わえる。


d0157980_2318294.jpg

側面のブロアルーバにこびりついた雪。格闘した勲章。


d0157980_23251870.jpg

折り返しまではつかの間の安堵の時間。


d0157980_23274410.jpg

始発列車までにホームの除雪も行われる。雪国の小さな駅での景色。


d0157980_23271832.jpg

長岡までの帰り道は、ラッセル状態。


バルブはCONTAX 645で撮影。この年はまだ中里駅で撮影する同業者さんは少なく、中判でゆっくり撮影できた。
走行は無理してRTS3 + Tele Tessar 4/300で・・・。
[PR]
by tsuchitaru | 2014-03-11 23:29 | 鉄道写真 | Comments(0)

上越カッター2014 ~round4~

4回目となった上越カッターとの邂逅。気温も低くなく、走らないだろうと思ったらやって来た。なんかの理由で設定日だったらしい~

d0157980_21391045.jpg

中里のスキー場でギリギリまで寝ていたので手抜き写真に。。。


d0157980_2140954.jpg

もはやバルブではない明るさ。今日は跨線橋より上野方で停車。


d0157980_21403957.jpg

機関車回りにある、運転手氏の足跡が面白い。


d0157980_2142547.jpg

長岡まで気を付けて帰ってください。


d0157980_21424247.jpg

いつもの場所でお話しながらとまったり返しを。気温が高く道床が露出していたが、明け方の吹雪でどうにか白くなってくれた。朝霧もいい感じ。


これが最後のあけぼのカッターかな~。
お疲れさまでした。
[PR]
by tsuchitaru | 2014-03-11 21:45 | 鉄道写真 | Comments(0)

上越線備忘録 〜183系シーハイル上越〜

房総特急や中央特急から撤退した183系が、波動用に高崎(のち大宮)にやってきた。
それまで高シマ165系で運転されていた、スキー臨「シーハイル上越」が、100%国鉄色の183系にかわった。役目、車輛的に特急「新雪」が蘇った感じ。
残念ながら今は味気ない185系に世代交代してしまった・・・。

d0157980_1201358.jpg

'13.2.9 越後中里〜岩原スキー場前

シーハイルは大宮〜石打1往復、復路はほぼ日没後なので往路が勝負。
183系3本のうち、特急マーク▽がついているのはOM103のみなので、なかなか苦戦した。


d0157980_1235918.jpg

'13.2.11 土合〜土樽

いつもの土樽トンネル飛び出し。吹雪の中でも走れるのは181系から進化した183系の強み。


d0157980_1245346.jpg

'10.1.31 越後中里〜岩原スキー場前

老舗の岩原スキー場をバックにゆくシーハイル。きっと「新雪」時代から多くのスキーヤーを運んだことでしょう。


d0157980_1273946.jpg

'10.2.22 土樽〜越後中里

松川橋梁を行くシーハイル。山の天気はかわりやすい・・・


d0157980_1283984.jpg

'10.2.22 越後中里〜岩原スキー場前

スキー場、ロッジ、防雪林・・・ここら界隈の典型的な景色。
米山淳一氏の写真集「上越線―四季を駆ける仲間たち」にインスパイアされたカット。


d0157980_12165166.jpg

'09.1.18 土樽〜越後中里

吹雪いた後の晴れた景色を行くシーハイル。着雪した木々や輝く雪原が美しい。


d0157980_1218336.jpg

'13.1.13 越後中里

中里スキー場をバックに。岩原スキー場よりもスキー場に近いこの駅で、多くのスキーヤーが利用する。


d0157980_12264239.jpg

'13.2.10 越後中里〜岩原スキー場前

岩原カーブの雪原を行くシーハイル。



d0157980_12135389.jpg

'13.1.13 土樽〜越後中里

魚野川を渡るシーハイル。雪の川がいい感じ。



d0157980_12212524.jpg

'12.2.4 土合〜土樽

新清水トンネルを抜けて。

やっぱり国鉄特急色と雪は似合う。
[PR]
by tsuchitaru | 2014-03-08 12:23 | 鉄道写真 | Comments(0)