<   2014年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

あけぼの夜練'13-14〜round2

年明けは前橋で「俺の藤井」があったのでついでに夜練。
どっちがついでかわからんが!


d0157980_20373490.jpg
飽きずに定番。フルサイズと言えど感度上げずに撮りたい。少量の雪が必要だなー。情緒が欲しい。


d0157980_20382359.jpg
石打は補機を連結する国境の入り口。ここらへん一体も上り勾配が続く。


d0157980_20393587.jpg
石打駅を通過し、魚沼丘陵を駆け抜ける。スキーシーズンはペンションの灯りで暖かい。


d0157980_20411042.jpg
いつもの跨線橋。今年は街頭が全灯してくれるおかげで明るく撮れる。
HMが一円玉?それも情緒だと思う。
[PR]
by tsuchitaru | 2014-01-30 23:36 | 鉄道写真 | Comments(2)

あけぼの夜練'13-14〜round1

ということで今年度も始まった、上越国境あけぼの夜練。
効率よく撮るため、備忘録かねてなるべくアップしていこう。今年度はフルサイズで刷新!

d0157980_20304463.jpg
国境の最初の駅土樽駅を通過するあけぼの。
横を走る関越道のナトリウム灯で車体が輝く。


d0157980_20322480.jpg
定番ポイント巡礼。


d0157980_20331062.jpg
S字カーブを軽やかに駆け抜けるあけぼの。

背に腹はかえられない、ガツガツ行こうぜ作戦ですっ
[PR]
by tsuchitaru | 2014-01-30 22:25 | 鉄道写真 | Comments(0)

浦安市の火災サイレン

浦安といえば火事になると空襲かと思うほどのサイレンが鳴り響く。てかそれが世間の常識だと思って育った。
昔は5〜10回近くリフレインし、鎮火すると消防車がカンカンならして走っていたが、最近は苦情がくるのか1〜2回しかならない。てか火事自体も減ったと思う。まあ平和でいいことだ。

ということでこの音が聞こえてきても空襲ではなく、火事だと思って備えてくれれば。



サイレンをならす理由
http://www.city.urayasu.chiba.jp/dd.aspx?menuid=2583
[PR]
by tsuchitaru | 2014-01-29 21:56 | その他 | Comments(0)

ムーンライトえちごでトンネルを抜けてみた

この冬シーズンのムーンライトえちご。
あけぼののついで撮りだけれど、100%国鉄色という贅沢な列車。

d0157980_2055172.jpg

いつものポイントで。あまり減灯していないのかあけぼのより明るく撮れる。


d0157980_20561216.jpg

「トンネルを抜けるとそこは雪国」の瞬間をサイドから俯瞰。なかなかかっこいいと思います。
[PR]
by tsuchitaru | 2014-01-20 20:57 | 鉄道写真 | Comments(0)

15年前の流山線

車輛的やロケーション的になかなか脚光浴びない千葉の流山線。
そんな流山線に15年前一度だけ撮影しに行ったことがあった。
「若葉」なる車輛がなくなるので、高校の後輩たちと行った。
3月なのに寒く、紅茶家伝のミルク成分が凝固し、皆で固形成分〜とか言って喜んでいた若き日々、嗚呼なつかしや。

d0157980_22293891.jpg


d0157980_22295944.jpg

元西武の101系?701系?顔した車輛。
当時は珍しくもなんともなかったが、西武本家、伊豆箱根、そしてこの流山線からも消滅してしまった。
バックに「イトーヨーカドー」が自己主張しているが、このマークも過去帳入り。


d0157980_22311240.jpg

元西武551系の1300系あかぎ。色が素敵☆


d0157980_2234761.jpg


d0157980_22341542.jpg

元西武501系の1200系若葉。確か当時の流山線最古参車輛。
確かに古めかしいボデー、走行音だった。

現在の流山線は、つくばExp.の煽りをうけ全編成2連、しかも西武新101で統一されているらしい。
暇を持て余したとき撮りにいってみっぺか。
[PR]
by tsuchitaru | 2014-01-16 22:37 | 鉄道写真 | Comments(0)

シーハイル上越〜2014〜

183系原色率100%だった冬のスキー臨「シーハイル上越」が、大宮183系の整理に伴い今シーズンから185系に・・・。
とは言えど、シーハイル上越の先祖「シュプール上越」は、新前橋の185系で走っていたし、運良く準急色やストライプこないかな〜とか超淡い期待を抱きながら、張り切って運転初日にお手軽撮影地の土樽トンネル飛び出しで構えてみた・・・


d0157980_2155559.jpg


いろいろ残念・・・
シュプール上越感全くない踊り子色、シングルアームパンタ、「臨時快速」マークって、やる気なさすぎもいいところ。そもそも編成的にストライプや準急色が入る訳がないか。
そんなことは関係なく車内は結構盛況。高崎115系でいいから是非増発を!

そういえば現地では柏崎から来たらしい青年が駅から徒歩でやってきた。
来たときも帰るときもきちんとご挨拶。とても好感が持てた。
[PR]
by tsuchitaru | 2014-01-16 21:08 | Comments(0)

EOS 5D mark3とEF 24-105/f4 L IS

ということで昨年末に、フルサイズ機EOS5D mark3を導入した。

d0157980_933440.jpg

EF 24-105/f4 Lとかいうレンズとセットのものを購入。Yバシカメラで値段交渉の末、魔法の12%ポイントカードを使って、実質某kkk.comの最安値より安く手に入れることができた!!大量に手に入ったポイントでバッテリーグリップも入手することができた!!

いままで使っていた7Dは、動画用マシンとして余生を送ってもらうこととし、手元に残ったレンズたちを売却。

d0157980_93104.jpg

昨年の記事で登場したEF-S 17-55/2.8。EF-Sレンズなのになかなかいい写りの「隠れLレンズ」として気に入っていたが、フルサイズ機には取り付けられない。費用捻出と防湿庫場所捻出のため泣く泣く売却・・・。canonレンズだけどに愛着わいちゃった。


d0157980_931195.jpg

こちらも昨年の記事で登場した、カビの生えているEF 17-40/f4。S宿のMップカメラでは引き取り額「3000円」というTomixの機関車よりも安い値段を宣言されたが、だめ元でN野のFジヤカメラへ持って行くと、何とカビクリーニング代引いても10倍以上の値段で引き取ってくれた。
加えて以前5000円で買ったKATAのカメラバッグを、9000円で買い取ってくれる超太っ腹。
これからはフJヤカメラを積極的に使おう。万歳フジYカメラ!(逆を言えば購入するときはry)



d0157980_9314271.jpg

さてこのEF 24-105/f4 Lレンズ、結構いろんなところでは好評の様だが、正直魅力は画角以外ないと感じている。まだ数回しか使っていないが、お世辞にも解像度の高いレンズとは言えないと思われる。ボケも汚いし広角側の周辺光量落ちも顕著。28-70にしておけばよかったかな・・とも思ったが、画角は使いやすい。Lレンズ入門機的な感じなのかな? 単焦点と比較するのも素っ頓狂か。

d0157980_932577.jpg

本体にレンズ補正機能なるものがあったのでON。



d0157980_9322110.jpg

ということで手持ちのCarl Zeissとドッキング。意外と高く売れたので、KIPONのCONTAX 645-EOSアダプタを購入した。



CONTAX 645用レンズは絞りが電子制御なため、EOSに取り付けるとレンズ側の絞りバネを動作させることができない。そのためこのアダプタには絞りバネがついている。ただし絞り値は適当な指標のみがついているので、"感覚"でf値を定めることしかできない。Avモードで撮れば問題ない。
また、取り外しに少し難あり。板バネでレンズが外れないようにしているので、その板バネを押し上げているピンを下げることでレンズを外すことができるが、ピンの操作にコツがいるため正直使いづらい。
それでもレンズ中心の良質な部分を堪能できるので重宝しそう。80mmがそのまま80mmになるし!


d0157980_934633.jpg

EOS 5D mark3 + EF 24-105/f4 L ISO3200 1/80 f4


d0157980_9345862.jpg

EOS 5D mark3 + Carl zeiss planar 1.4/85 (Y/C) ISO5000 1/50 f2.8

フルサイズ故、いままでのAPS-Cカメラよりも色々気をつけなければ行けないところはある感じだが、
7Dではざらついてしまった超高感度で、夜間撮影がすこぶる捗ることに期待!
[PR]
by tsuchitaru | 2014-01-08 22:07 | カメラ | Comments(0)