<   2012年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

鶴見線と103系

高熱だして会社をしばらく自宅療養なう。
メタルを聞きながら鶴見線のポジをスキャン。ああ至福(  ・ิω・ิ)


鶴見線から103系が撤退したのは2005年のこと。
へんてこ改造の205系が投入されて一気に置き換えらちまった。

d0157980_18494151.jpg

工場路線だからか、西日の不健康?なイメージの方があっていた気がする。
うん、我ながら意味不明。


d0157980_1850873.jpg

安善駅の日本鋼管の巨大クレーンとのコラボを見たかった。


d0157980_1857839.jpg

乗客でいっぱいの鶴見駅に入線する103系。
私鉄時代の名残で2階部分のホームがある。


d0157980_18553460.jpg

弁天町にて。鶴見から乗った企業戦士は、まずは弁天町で下車されます。旭硝子の方々が多いのか。


d0157980_191289.jpg

弁天町には中原電車区弁天町派出があるので、ここ止まりの列車も多数。


d0157980_18592252.jpg

新芝浦駅は降りたらすぐ東芝京浜事業所。まさかここに・・当時は考えもしなかった。


d0157980_1902927.jpg

運河があるので意外と空が広い。構内踏切も相まって都会とは思えません。


d0157980_1925193.jpg

鶴見線の多くが無人駅なので、立派な駅舎があっても中はがらんどう。


d0157980_1935014.jpg

浅野から安善を望む。駅間500mほどしかないのでよく見える。


d0157980_1951128.jpg

貨物主体のはずが、貨車とのコラボも年々減少。
手前の貨車は疎開中のクム1000


d0157980_1972963.jpg

昼間はつかの間の休憩タイム?


d0157980_1974941.jpg

扇町駅の駅員さん。今でも元気かな。


d0157980_1983548.jpg

武蔵白石駅から安善方面を望む。浜川崎方面からの側線分岐と、武蔵白石方面への本線分岐が入り乱れて実にエモーショナル。


d0157980_1995797.jpg

新芝浦~浅野間にあるクレーン。昔はクレーンの下に日本鋼管の専用線がひかれていたそうな。
色はかわったけれど、今でも現役。


d0157980_19121372.jpg

T2編成は白Hゴムのクハがいました。思わず縦でドカン。


d0157980_1920833.jpg

産業路線なので過剰なメンテなんざされず・・・夏は緑地軌道に。


d0157980_1913988.jpg

工場地帯の鉄路と言えば門型鉄柱。鉄路の上を高圧架空線を通す、実に合理的。


d0157980_19145843.jpg

浅野、武蔵白石、今はなき鶴見川口・・・本線を平面クロスで分岐する模型的省スペース設計が各地で見られるのも工場地帯の特徴かも。


d0157980_19162910.jpg

鶴見線と言えば、鶴見臨港鉄道時代から変わらない姿を今なお残す国道駅が有名。
でも特徴が多いのは線路下なのであまり車両と絡められない・・・しょうがなくホームの特徴的なアーチを入れてバルブ。


d0157980_1911126.jpg

武蔵白石~大川の橋梁を、浜安善駅方面から望む。
まさに工場地帯、大好きな景色。



今見返すと「なぜあのカットを撮らなかった」と「よくこんなカット撮ったな-」が錯綜中。
年取ると好みが変わるのか・・・う~ん、当時の自分の取り方の方が好きだったかも。
103系が撤退してからは、鶴見線を撮るためだけにあの界隈には出かけていない。
T3片手にスナップでも撮りにいこうか。でも205系じゃなー。
[PR]
by tsuchitaru | 2012-05-08 19:21 | 鉄道写真 | Comments(6)

中国・平庄ツアー その4 Steam in Pingzhuang coal railway

日も暮れてきたところで、狙うはシルエット!
ということでコンクリート橋へ。
ちょうど日暮れにくる上り列車がなかったけれど、陳さんともう一人のコンダクタさんマジックでまさかの早発に(汗

d0157980_1675367.jpg

きましたきました、いい煙、いい日暮れ具合!


d0157980_1697100.jpg

"交渉"に難航したためあまり準備時間がなかったけれど、EOS 50Dの力で何とか捕獲。
ここ手前の森林を使っても良さそう。よう開拓・再履修でしょうか。


撮影に大失敗した同行のSENTAXさんを、コミカルな音楽で励まし(罵倒?)しつつ、装煤駅で最後のバルブへ。

d0157980_16112457.jpg


d0157980_16113783.jpg


d0157980_16121110.jpg


d0157980_16381681.jpg


d0157980_16123218.jpg


d0157980_16135510.jpg

全機が集結して休憩・整備されるので、ま~慌ただしい。
アングル決めに悩みまくり、贅沢なひととき。

まだ撮りたい気持ちを押さえつつ、残念ながら夕方6時頃で終了。
一路車で赤峰駅へ。


d0157980_16143388.jpg

帰りは飛行機がいい便がないため夜行で北京へ。

d0157980_16154034.jpg

d0157980_1615538.jpg

正月シーズンなため多客臨で。陳さんのおかげで我々は軟臥、さらに交渉してくれて同じ個室にしてくれました。ありがたや!ただ残念ながら陳さんの分はとれず堅臥・・・

d0157980_16174990.jpg

さらには装煤駅でバルブしすぎた上、多客臨なのでオシが連結されておらず・・
またカップ麺の夕飯。。。。

d0157980_16184454.jpg

d0157980_16185749.jpg

その分ビールで栄養補給♪


d0157980_16184774.jpg


d0157980_16193599.jpg


d0157980_16194781.jpg

朝も早よから夜行スナップ。
堅臥が大混雑でした。

d0157980_16202853.jpg

軟臥は高級なので、装いも少しきれいめな人が多め。



d0157980_1621450.jpg

無事北京北駅に到着。

d0157980_1621872.jpg

牽引は東風4型。

d0157980_1623297.jpg

昨晩お風呂に入れなかったので、高級サウナで体をキレイキレイに。
芯まで冷え切ってたみたい。

d0157980_16242110.jpg

d0157980_1623565.jpg

d0157980_16244344.jpg

そして念願の水餃子屋へ!エビとかもうまいけど、やっぱ洋肉!!

d0157980_16253375.jpg

天安門をチラ見し、

d0157980_1625584.jpg

地元スーパーのお茶屋のお姉ちゃんと戯れて帰国。



d0157980_16305052.jpg

2泊3日弾丸ツアー、また行きたい。

2010.2.21 Pingzhuang coal railway in China
CONTAX RTS3 + Carl Zeiss Lens RVP(+1)
Canon EOS 50D + Carl Zeiss Vario-Sonnar 28-70
[PR]
by tsuchitaru | 2012-05-06 16:28 | 鉄道写真 | Comments(1)

中国・平庄ツアー その3 Steam in Pingzhuang coal railway

装煤駅でスナップ後は、ドイツ製の凸型電気を狙いに近くの露天掘りへ。

d0157980_1540376.jpg

かっこいい・・・


d0157980_15402082.jpg

全パン上げ、影のかからないポジションへ移動してくれました。


d0157980_15413931.jpg


d0157980_15411937.jpg


d0157980_1542966.jpg

みなさん自分の機関車に愛着があるみたい。


d0157980_15423832.jpg

露天掘り内でもナベを引いて活躍中。



d0157980_15433181.jpg

近くの商店で飲料水と"たばこ"を補給し、お昼ご飯へ。


d0157980_1543423.jpg

再び某模型店社長も訪れた中華料理屋へ。うちらの方が先だもん!
うまかったけど、窓際でひたすら暑かった・・・・。トイレは革命が起きておらずきれい。


d0157980_1546347.jpg

午後は走行を撮りに、コンクリート橋へ。
デルタ線がないので、返空は全列車逆機。


d0157980_15471570.jpg

コンクリート橋の先に構え、南行き列車を撮影。
和諧平安ボードなし!!
築堤にへばりついて撮ったので、あまり間合いは取れないけれど、コンクリート橋より全然いい!


d0157980_15493858.jpg

引いてもう一発!特にきつい勾配ではないけど、いい煙♪
でもここの路線は速度が速いのか、煙が真上にきれいにあがらない。
縦アンでもよかったかも。


午後もう一発までは再び装煤駅でスナップ。
d0157980_1552136.jpg


d0157980_15514180.jpg


d0157980_15523956.jpg


d0157980_15525254.jpg


d0157980_15531142.jpg


d0157980_16322187.jpg


d0157980_1632660.jpg


RVPとPlanar 85mm/1.4の組み合わせ、いいな~~


夕方はシルエットとバルブタイムへ!

~その4へ続く~

2010.2.21 Pingzhuang coal railway in China
CONTAX RTS3 + Carl Zeiss Lens RVP(+1)
Canon Digital Camera.
[PR]
by tsuchitaru | 2012-05-06 15:53 | 鉄道写真 | Comments(0)

中国・平庄ツアー その2 Steam in Pingzhuang coal railway

翌2月11日は一日中撮影の日。夜明け前にホテルを出て、平庄から至近の元宝山へ。
-20℃以下の中、有名な陸橋俯瞰にて、建設型の入れ替えを遠巻きに見つつ・・・


d0157980_15132429.jpg

きました、建設牽引客レ!恥ずかしながら建設型の走行を撮るのは初めて。
残念ながら朝日は出ず・・・


d0157980_15161943.jpg

日本の鉄並の機敏なドライビングテクを見せていただき、鉄橋付近でもう一発
淡い朝の斜光線の中を行く建設型を正面からドカン。これでも200mm。


d0157980_15181517.jpg

さらにハイパードラテクで終着駅あたりまで追っかけ。
残念ながら順光ポイントは見逃してしまったので森林バックで。
朝日が森林と煙にあたりいい感じに♪


沿線撮影地はいまいちグッとこなかったので、元宝山はコレにて閉廷。
平庄へ戻り、とりあえず朝ご飯。

d0157980_15231354.jpg

厳寒仕様の自分ら。今回の耐寒装備は
 ・Valandreの-30℃までいけるアウターダウン
 ・Low alpineのインナーダウン
 ・フリース、ロンTと起毛のシャツ
 ・Mountain Hardwareのインナーダウンパンツ
 ・Jack wolfskinのアウターパンツ
 ・カモシカオリジナルのブーツとウール靴下二枚重ね
Valandreのダウンは高価なだけにめちゃめちゃ暖かい。買ってよかったー。


d0157980_15202952.jpg

朝ご飯は、某模型店の社長さんも行った、バイキング形式の中華屋さん。
ファストフードなのなかな?好きなものを好きなだけチョイスできてGood。


お次は午後の走行まで正直暇、装煤駅近辺でスナップ。


d0157980_15305353.jpg

再び2台並び!ここの釜は1台をのぞき「和諧平安」ボードがついてる。


d0157980_15363386.jpg


d0157980_1531723.jpg

旅客がないので、人民がらみのスナップは作業員で。


d0157980_15304392.jpg

18mmでほいほい。


d0157980_15375583.jpg

~その3へ続く~


2010.2.21 Pingzhuang coal railway in China
CONTAX RTS3 + Carl Zeiss Lens RVP(+1)
Canon Digital Camera.
[PR]
by tsuchitaru | 2012-05-06 15:33 | 鉄道写真 | Comments(0)

中国・平庄ツアー その1 Steam in Pingzhuang coal railway

もうだいぶたってしまったが、2月に行った中国・平庄ツアー。
フィルムのスキャンが完了したので忘れないうちにうp。

出発は2012年2月10日、羽田空港より中国国際航空にてとりあえず北京へ。
飛行機にモニタがなかったorz まあその分安かったし。

北京につき、今回のコンダクタ陳雨先生と邂逅。弟陳祥先生をすこしマイルドにした感じだが、そっくり!


d0157980_14512269.jpg

まずは腹ごしらえ、なぜかマックへ。

d0157980_1451425.jpg

小籠包バーガとかは特になく、普通のマック。



食後は旧市街地でスナップ。


d0157980_14522397.jpg

d0157980_14535628.jpg

旧正月期だったからか、公園で蹴鞠や麻雀を楽しむ人たちがいました。


d0157980_14562823.jpg

夕方に北京から赤峰へ、中国国際航空で。
9年前に行ったときは北京北駅から夜行で10時間ほどかけて行ったっけね~
それに比べてすこぶる快適!


d0157980_14565146.jpg

機内でぼそぼそのパンみたいな機内食を食べ、1時間ほどで赤峰着。色気のない空港。
でもここはすでに内蒙古自治区、北京とは比べものにならないほど寒い。
空港で冬装備に着替え、ワゴンでホテルへ。
んの前に、ちょっと装煤駅へ。


d0157980_150161.jpg

まさかの2本並び!!大発狂しながら時間も気にせず撮影タイム。


d0157980_1505899.jpg

しかも一台は、レアなデフ付き上游1083号機ときたもんだ。


d0157980_1511125.jpg



d0157980_1592070.jpg

サービスでブローオフしまくり!


d0157980_154582.jpg


夕飯そっちのけで12時過ぎまで撮影タイム、陳先生や運転手さんなどには迷惑な話だな(汗



d0157980_1553030.jpg

宿は平庄市街に平庄賓館。

d0157980_1561093.jpg

きれいだけど・・・

d0157980_1555271.jpg

まさかの湯船なし!

軽く体を拭き、夕飯の“カップ麺”をむさぼって就寝・・・ZZzzzz

~その2へ続く~

2010.2.20 Pingzhuang coal railway in China
CONTAX RTS3 + Carl Zeiss Lens RVP(+1)
Canon Digital Camera.
[PR]
by tsuchitaru | 2012-05-06 15:07 | 鉄道写真 | Comments(0)