カテゴリ:鉄道写真( 318 )

最後の高尾臨

1999年に運転された、八高線経由の高尾山行き初詣列車、通称高尾臨。
たしか1999年が最後の運転だった。
当時は浦安に住んでいた高校生、始発で向かうもVな撮影地には到達できなかったので、越生駅から歩いていけるストレートで撮影したとおもう。
機関車はお召し牽引機DD51 842号機。

d0157980_1312699.jpg

1999.1.25 越生〜明覚
[PR]
by tsuchitaru | 2016-09-19 13:02 | 鉄道写真 | Comments(0)

上越線を行くカシオペア

超久々の更新。


設定された上越線経由のカシオペアクルーズが一通り終了したので、上越線での記録をまとめ。


d0157980_13552919.jpg

まずは2016年5月15日に行われた試運転。越後中里で30分停車があったので、国境界隈でコマ数稼げたものの、水の張った水田が綺麗であったので、30分ほど登山して俯瞰一発勝負に。
奥に見えるは大源太山や巻機山などでしょうか。


d0157980_1355537.jpg

試運転返しは貴重な上越線上り筋であったので、毛渡沢俯瞰を試みるも、人が多そうなので回避。
手軽に石打スキー場俯瞰へ。ここからも魚沼の水田が綺麗に望めました。

動画はこちら↓
https://youtu.be/3QYYgtf3TgI?t=17s



d0157980_13561399.jpg

そして6月の本運転は、毛渡沢下り線俯瞰。ここは冬にEF64-1000貨物を撮った以来の訪問。冬以外は到達困難を思っていたが、地元の猛者にご指導ご鞭撻いただきながら登頂。
橋の袂の工事がうるさいが、峠感が出ていて素晴らしいロケーション。



d0157980_13562655.jpg

7月はなかったこととし、設定最後の8月は中里スノーウッドスキー場俯瞰へ。
さすが8月、30度を超える炎天下の中背丈以上の雑草をかき分けながら登頂するには厳しく、送電線がギリギリかわせる所で妥協。
超望遠を持っていかなかったので、180mmで後ろの山々を入れたアングルで撮影。


上越線経由のカシオペア、再度設定してもらいたい。
今度はPMに上越を上るスジでおねがいしますJRさん!
[PR]
by tsuchitaru | 2016-08-07 13:50 | 鉄道写真 | Comments(0)

最後の夜行客レ

青森駅で見られる、最後の夜行客レの発着シーン。
小雪が舞う青森駅先端にて、超望遠で狙ってみた。


まずは夜10時過ぎに青森駅を発車する、急行はまなす。
すこし前まではスナップもゆっくり撮影できたが、いまは最後の活躍を一目見ようと多数のギャラリーで賑わっているため、機関車を眺めながらのんびり発車を待ち、ホームを離れたところをパシャり。
お花の絵がかかれたはまなすのヘッドマークを輝かせ、北海道へと旅立っていった。


d0157980_12485545.jpg

2016/2/27 青森


しばらくすると上野行き夜行列車カシオペアが入線してくる。
残念ながら機関車交換、方向転換のための運転停車であるが、長編成の客車列車がED79に牽引されてやってくるシーンはやはり貫禄がある。


d0157980_1249457.jpg

2016/2/27 青森



この2シーンの撮影、実は簡単そうにみえて非常に難しい。
技術的には明るい望遠レンズと高感度カメラがあれば楽勝だろうが、それ以外の要素で難易度が割と高い。
まぁ、運良く色々条件揃って撮れた写真なのだなー。
このあと宿で祝杯をあげたのは言うまでもない。
[PR]
by tsuchitaru | 2016-03-06 12:42 | 鉄道写真 | Comments(2)

さようなら東北ブルートレイン

東北ブルトレとして活躍した青森24系。東北の長ED75に牽引されて秋田港へ最後の旅立ち。
さようなら。


d0157980_16122435.jpg




d0157980_16124055.jpg




d0157980_16124959.jpg




d0157980_16125746.jpg

[PR]
by tsuchitaru | 2015-11-03 16:15 | 鉄道写真 | Comments(0)

田植え前の青森行脚 その5

最終回。メインの夜行撮影後は、ED75の工臨が走るということで日本海側へ転戦!
初めてなので、まずは定番で。

d0157980_16262951.jpg




d0157980_16265482.jpg




d0157980_1627797.jpg


いろいろ来て楽しい。
最初は数名だったが、最終的には20人近い撮影者が。
関西弁でべちゃくちゃ喋るおっさんがうるさかった。
ぐっとこらえていざ本番。



d0157980_1629146.jpg

'15.5.24 岩城みなと〜羽後亀田

これは素晴らしいではないか。同行のナナゴプロが構えた真サイドもよかったなー。
即撤収で終着の羽後牛島へ。



d0157980_16334050.jpg



d0157980_16335351.jpg



d0157980_1634577.jpg

'15.5.24 羽後牛島

777...縁起がいいですね。ナナゴをじっくり撮ったのは久しぶり。かっこよかった。
これにて閉廷、帰路に。みなさんお疲れ様でした。

〜おわり〜
[PR]
by tsuchitaru | 2015-09-13 16:35 | 鉄道写真 | Comments(0)

田植え前の青森行脚 その4

翌朝のブルトレは、飽きずに蟹田の築堤へ再び。



d0157980_16145377.jpg

'15.5.24 蟹田〜中小国


まずは下り北斗星。本当は50mmくらいで広めに撮りたかったが、群衆の多くが中望遠で構えていたのでこんな感じで。ここで数名の方と久々に邂逅。あいかわらず愛知から車で来られた方も。いやーあっぱれ!
そしてまたもゲルマン民族の大移動で、はまなす側ポイントへこぞって移動。


d0157980_16163577.jpg


d0157980_16165167.jpg

'15.5.24 蟹田〜中小国



昨日よりも水鏡のコンディションもよく、気持ちよく通過!撮影者数も昨日より大盛況。
急遽駆けつけた人も多かったとか?
引きのアングルには残念ながらカメラマンの頭の影が。まあ許容範囲ということで。


これで撤収・・・ではなく、日本海側へ転戦!

〜つづく〜
[PR]
by tsuchitaru | 2015-09-13 16:21 | 鉄道写真 | Comments(0)

田植え前の青森行脚 その3

日没後は青森駅周辺のホテルにin、お寿司でいっぱいやってから、駅で夜行列車を撮影に。
まともなバルブができないのはわかっていたので、デジカメだけ持って手軽にスナップ。

まず最初は下りはまなす札幌行き。
ガーガー唸るスハフのエンジンの音、においが印象的。


d0157980_1605178.jpg



d0157980_1614272.jpg



d0157980_1622175.jpg



d0157980_1623585.jpg




つづいてカシオペア。この直後駅が閉められるので要注意。


d0157980_1632874.jpg



d0157980_1634736.jpg



d0157980_164499.jpg



d0157980_1641489.jpg


いずれも15.5.23 青森にて。

〜つづく〜
[PR]
by tsuchitaru | 2015-09-13 16:04 | 鉄道写真 | Comments(0)

田植え前の青森行脚 その2

海峡線夜行撮影の合間に行った弘南鉄道弘南線。ここら辺はタイトルとは違い、田植えは終わっていた。
撮影地等の前情報は皆無だったが、岩木山バックで面白そうな駅があるとのことで、柏農高校前駅へ。



d0157980_15505995.jpg

おお、まるで仮降車場のような簡素な佇まい。
駅舎は赤く塗られ、「柏農高校前停留所」の文字。停留所ってのがたまらない!



d0157980_15523169.jpg

来る車両は元東急7000のみ。ステンレス車ってのはいただけないが、かわいい顔が相まって充分なローカル感。



d0157980_15532127.jpg

快晴だったので岩木山もバッチリ。



d0157980_15543095.jpg



d0157980_15534876.jpg

周辺でも充分車両が撮れる。のんびりいいロケーション、たまらないよローカル私鉄!



d0157980_15553785.jpg

ついでなので近くにある有名なコンクリート橋へ。残念ながら光線がいまいち。


なにげに楽しめな弘南鉄道弘南線。また改めて行ってみたい(けど機会ないよねー)。
このあとは貨物を狙いに海峡線へ戻った。
ともに'15.5.23

〜つづく〜
[PR]
by tsuchitaru | 2015-09-13 15:57 | 鉄道写真 | Comments(0)

田植え前の青森行脚 その1

田植え前の水田水鏡を狙って青森へ行った時の写真。
狙いは蟹田〜中小国の水田築堤。

終夜運転(といっても自分は助手席で爆睡する仕事の従事)の末蟹田に着くと、予報通りの大快晴!
まずは水田地区中ほどの畔で下りカシオペアを狙う。

d0157980_15192184.jpg

'15.5.23 蟹田〜中小国



残念ながら弱風が吹いてしまい、綺麗な水鏡にはならず。まぁ雰囲気はGoodということで。
つづいてはなますを迎え撃つべく上りアングルへ。周辺のカメラマンも一斉に大移動。


d0157980_15211410.jpg

'15.5.23 蟹田〜中小国



水田の水が少々干からび気味だが、充分な結果が得られてたのではないでしょうか。
このあと数本の貨物を撮影後、いくぜ東北ポイントで五能線を狙うも踏切故障でウヤに。
思いつきで近くの弘南鉄道で撮影。それは次の記事で。
弘南鉄道撮影後、下り4061レを撮影に再び海峡線へ。



d0157980_15452319.jpg

'15.5.23 蟹田〜中小国


すっかり見慣れたEH800。
このあとは青森のホテルへチェックイン、寿司と酒を浴びてから青森駅バルブへ出陣した。

〜つづく〜
[PR]
by tsuchitaru | 2015-09-13 15:47 | 鉄道写真 | Comments(0)

さようなら北斗星

ついに北斗星の臨時運行が終了。
余韻に浸る間もなく、早々に使用客車が廃車回送されたそうで。

北斗星というと、鉄拳文化祭発表の中一の時のテーマであったり、合宿の復路で使ったり、部活終わりに無駄に見送りに行ったりと、なんだかうすーく接点のあるブルトレだった。
釜がEF81だったり、時間帯的にいつでも撮れたり、根府川のようなロケーションが近場にないからか、あまり真剣に撮ることはなかった。他の魅力ある列車が消滅し、ある程度の財力と行動力、時間が得られた末期は、DD51やED79区間を追いに遠征したり、今年、昨年と個室も食堂車も利用したため、ここ数年の思い入れが深いものとなった。
(実は大人になったら北斗星で北海道旅行するのは小さな夢だったりした…2度も行けて感無量)

最後に撮った北斗星は、お盆明けの青森。ビアガーデンで大はしゃぎした翌朝。
当初はバリ晴れの走行写真でさよならを目論んだが、残念な天気だったので、駅はずれの跨線橋にて夜行列車らしく夜のシーンをぱしゃり。
跨線橋とエレベータで昭和のターミナル駅感を放つ青森駅をバックに、本州を旅立つ。
やっぱり夜行列車は夜撮らなきゃ!


しばらくしたらアーカイブ的に写真を振り返ってみよう。
ということで27年間お疲れ様でした。


d0157980_18332213.jpg

'15.8.18 青森
[PR]
by tsuchitaru | 2015-09-02 18:35 | 鉄道写真 | Comments(0)