さようなら北斗星

ついに北斗星の臨時運行が終了。
余韻に浸る間もなく、早々に使用客車が廃車回送されたそうで。

北斗星というと、鉄拳文化祭発表の中一の時のテーマであったり、合宿の復路で使ったり、部活終わりに無駄に見送りに行ったりと、なんだかうすーく接点のあるブルトレだった。
釜がEF81だったり、時間帯的にいつでも撮れたり、根府川のようなロケーションが近場にないからか、あまり真剣に撮ることはなかった。他の魅力ある列車が消滅し、ある程度の財力と行動力、時間が得られた末期は、DD51やED79区間を追いに遠征したり、今年、昨年と個室も食堂車も利用したため、ここ数年の思い入れが深いものとなった。
(実は大人になったら北斗星で北海道旅行するのは小さな夢だったりした…2度も行けて感無量)

最後に撮った北斗星は、お盆明けの青森。ビアガーデンで大はしゃぎした翌朝。
当初はバリ晴れの走行写真でさよならを目論んだが、残念な天気だったので、駅はずれの跨線橋にて夜行列車らしく夜のシーンをぱしゃり。
跨線橋とエレベータで昭和のターミナル駅感を放つ青森駅をバックに、本州を旅立つ。
やっぱり夜行列車は夜撮らなきゃ!


しばらくしたらアーカイブ的に写真を振り返ってみよう。
ということで27年間お疲れ様でした。


d0157980_18332213.jpg

'15.8.18 青森
[PR]
by tsuchitaru | 2015-09-02 18:35 | 鉄道写真 | Comments(0)
<< 田植え前の青森行脚 その1 復活快速海峡 >>