CONTAX645 雑記

CONTAX645の雑記。備忘録。



CONTAX645に関する雑感。未だ、今更感じている不便?不都合なところ、工夫してみた所を考察。備忘録。


①フォーカシングスクリーン
ピント合わせには「ファインダ」は重要な要素。CONTAX645のファインダには、全面マットのフォーカシングスクリーンが標準装備されているが、これだけでは心許ない。
そんな時はスプリット入りのフォーカシングスクリーンMFS-1。中央部の円内にスプリット(切れ目)があり、ずれた(切れた)像を合わせるようにピントを合わせる物。
マニュアルカメラ時代から当たり前のスクリーンだと思っていたが、Canon機などはこんなものはついていないようで、最近のデジタル人には?な存在らしい…。
しかしこのMFS-1、京セラがカメラ事業を撤退してから中古でも流通している数が非常に少ない。自分は幸い某オークションで美品を手に入れられたが。
そんな時の選択肢がいくつか。

・Talbergスクリーンを使う
正式なメーカ品ではなく、有志が作成したらしいフォーカシングスクリーン。後述するマグニファイヤを探しに新宿区の某カメラ屋で奨められた。
基本的には全面マットなので標準のMFS-2と同じ機能だが、ファインダが暗く写るため、ピントの山がつかみやすいらしい。
しかしCONTAXのカメラは35mm判からずっと明るいファインダを装備されており、それで育った自分には暗いファインダというのが生理的に合わなかった。
なのでこれは自分のなかでは却下。

・他社製スクリーンの流用
某価格掲示板に書かれていた情報。MFS-2の枠にPENTAXのスクリーンを削って埋め込むという作戦。
PETAXのスクリーンの方が明るいらしい。スプリットもあるらしい。
PENTAXは現行でも製品があるので、安心して作成できる。
参考:ttp://bbs.kakaku.com/bbs/-/BBSTabNo=0/SortID=9321209/


②マグニファイヤ
いくらスプリットスクリーンを入れていても、微妙な俯瞰撮影やかぶり付きの置きピンには、もう少し精度が欲しい所。
そこで思いつくのがマグニファイヤ(どうもこのマグニファイヤも今のデジタル人には無縁の様で?な存在らしい…)。
CONTAX645はRTSⅢと同じ丸形ファインダなので、F2Nをねじ込んで取り付ける。
F2NはじめCONTAXのマグニファイヤは、中央部のみを拡大するタイプなので、マイクロスプリットスクリーンを搭載していないと恩恵に授かれない。
使用しない時は、マグニをクイッと180度跳ね上げることが出来る。しかしCONTAXのマグニファイヤは筐体の作りが華奢で、跳ね上げ時に負担のかかる蝶番がすぐ割れてしまう。
35mm判のRXなどに使用するF2の場合は、角形ファインダなので跳ね上げないでマグニごと外せばよいが、丸形はその都度ねじ込むのが非常に面倒なので、すぐ割れて壊れてしまった。
しかもF2Nは、CONTAXでも使用機種が限られるのでこれまた流通数が少ない。
そこでなにか代品がないかと探してみた。

・ニコンのDK-17
ニコンのF4などは、実はCONTAX丸形と同じ経のネジ穴を持つ。ニコンにはファインダ像を1.2倍にするレンズ「DK-17」という物がラインナップされているのでこれを取り付ける。
しかし残念なことにそのままでは付けられない。接眼パットを抑えているリングを外し、オスーメスリングをかませる必要がある。幸いにもマグニファイヤF2Nに同リングが付属しているので流用。
見た目もスマート!だが、メガネを掛けて使用すると視野範囲が狭まってしまい、即座にアングルを構成することが出来ない欠点があるため、この方法は没にしてしまった。

・ニコンのDG-2
また登場のニコン製。ニコンのマグニファイヤDG-2である。デジタル全盛のいまではすっかり見かけなくなったが、フィルム全盛期のニコンカメラにはよく付いていたのを目にした。
DG-2はF2Nと同じ構成。しかしF2Nとは違い筐体が金属なため剛性が高い。跳ね上げもばしばし行える。しかも現行商品なのでいつでもヨドバシで買えるため、付けっぱなしにしてガシガシ使える。
欠点はDk-17と同じくリングをかます必要があるのと、跳ね上げた時の接眼部が金属なためメガネの上端が傷だらけになること。そんなことバリピン写真が撮れればどうでもいい!

※さてこのマグニファイヤを探求する際、CONTAX専門店で有名な新宿の某カメラ店へ出向いた。なかなか見つからなかったF2Nが中古ながらおいてあったので店員に見せて貰おうとした。
 最初は「ピントでお悩み?」と色々親身に相談乗ってくれるんだな~と思っていたが、「CONTAXのマグニはすぐ壊れる」「タルベルグのスクリーンにした方がいい」と持論ばかりを展開され、
 1時間以上話されたあげくなかなかF2Nを売ってくれなかった。はっきり言って悪印象。CONTAX好きだけど、もうあの店に行くことはないだろ~。
 

③フィルムの平面性…未解決事項
ブローニーフィルムは撮像面が大きい反面、フィルムの平面度が要求されるのは常識。CONTAX645にはReal Time Vacume(RTV)によりフィルムを圧板に吸着させ平面度を確保する、バキュームインサートMFB-1Bが用意されている。
構造はRTSⅢのそれと同じ。各所でもこのバキュームインサートの存在は謳われているが、効果を実証した文献等が見つからないのはなぜ?
もちろんMFB-1Bを使用しているが、それでも時々中抜け?と思われる減少が見られる。特にフィルムの端っこ。そして大概後ピン気味。
MFB-1Bは正しく動作していると仮定すると、それでもなおフィルムの平面度が保たれていないと推定される。
そこで中判フィルムについて調べてみると、巻き上げのタイミングによるテンションの変化についていろいろと謳われている。
特に多かったのがハッセル、ローライ、PENTAX67がらみ。

・フィルムをシャッターを切る直前に巻き上げ、撮影時に少し巻き上げテンションを張る。
PENTAX67ユーザで用いられている手法の様だが、巻き上げが手巻きならではの手法。なるべく撮影直前に巻き上げ、テンションがゆるまないようにする。
残念ながら自動巻き上げのCONTAX645には適用できない。
参考:ttp://www.geocities.jp/mmm_hiraoka/0zakki021.html

・フィルム巻き上げ後3分待つ
これは興味深い記述。冨士フィルムのGS645Pro開発者の記述らしいが、フィルム巻き上げ後は3分待つのがいいらしい。
確かに巻き上げ直後は巻癖がついているので、少しなじんだ方が特に画像中央部は平面性が得られるのかもしれない。
若干前述の直前巻き上げによるテンション維持と矛盾するかもしれないが、3分くらいじゃ緩まないだろう。
参考:ttp://mamiya.awane-photo.com/voce/past/06/20091118004133.html
   ttp://www.heppoco.net/wf/wforum.cgi?no=5056&reno=no&oya=5056&mode=msgview&page=40

ただし、巻き上げ~撮影間を間明けすぎると浮くらしい。
下の参考URLでは巻き上げ直後と巻き上げ3時間後の比較をしている。3時間あけるとテンションが緩み後ピン美味になるらしい。フィルムがレンズ側に浮くのだろう。とはいえど3時間なんて普通に空くよ。。。
参考:ttp://ameblo.jp/csstp/entry-11927004128.html

この問題については今後も様子見。とりあえず3分間あけることは気に掛けてみよう。


④シャッタータイムラグ
一時期中判のシャッタータイムラグに悩まされた。特に85mmアングルだと大概遅切り。。。35mm判と同じ間隔ではダメ。
それは当たりまえな話。画像面の短辺が1.75倍なので、ミラーが上がりきる時間も同じ速度なら1.75倍になる。
加えて、上で登場したバキュームインサートMFB-1Bの存在。参考URLの記述によれば、バキュームインサートは電源ONで作動し、加えてシャッター動作直前に電流を増大させ(コイルに電流を流して電磁力により吸着させるんでしょう)てる。詰まるところレリーズ押下後RTV動作分のタイムラグが加算される可能性がある。ただタイミングチャートを目にしたわけではないので、RTVが前述のミラーアップ期間内に行われていれば問題ないが、体感的にバキュームインサートを使用し、さらにシャッター半押しせずいきなりレリーズすると、少しタイムラグを感じる。
また、CONTAX645/Nシリーズより絞り羽根が電動になった。レリーズを切った時にレンズ側で絞り羽根を動作させているのだが、RTSシリーズの機械式伝達とどっちが遅いかは不明。ここら辺のタイムチャートは、京セラに問い合わせて教えてくれるか・・・。
まぁ一番支配的なのはミラー動作でしょう。少し早切りする訓練をするか、ミラーアップ撮影訓練で鍛錬するしかない。
ttp://photoconcerto.cocolog-nifty.com/blogphotoconcerto/2007/06/contax_645_real.html
ttp://www.ipm.jp/ipmj/these/these146.html


⑤電気接点
CONTAXはRTS時代から電子式カメラであったが、外部とのインターフェイスはケーブルレリーズ以外大概機械式であった。
しかしCONTAX645/Nシリーズからは、様々な点が電気接点による接続になっている。とはいえど仰々しい伝送をしているわけではないが。CONTAX645の電気接点I/Fは、レンズ制御部、フィルムパック部、バキュームインサート部、電池室部、電子ファインダ部など。いずれも金メッキにより接点不良を回避しているようだが、某巨大掲示板の書き込みによれば、接点不良はそれなりに起きているらしい。表面酸化したりすれば抵抗値あがるには当たり前だ…。某巨大掲示板の書き込みによれば、接点の導通復活には「ナノカーボン」が有用らしい。東洋ドライルーブのダイヤモンドナノカーボンによる接点復活剤で、ラバーやプラスチックを浸食しないらしい。今度メンテナンス時に使用してみよう。
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/SETTEN_No.1



以上CONTAX645を3年も使っておいて、未だ、今更感じている不便?不都合なところ、工夫してみた所を考察してみた。
もしかしたらただの故障かもしれない。2015年3月で修理期間終了してしまうので、それまでに一度OHに出そう。
645レンズが他の645カメラで使えるマウントアダプタ出て欲しい…。
[PR]
by tsuchitaru | 2014-10-23 20:45 | カメラ | Comments(0)
<< 北海道行脚2014 round... カシオペア 夕刻のヒガハス >>