上越線備忘録 〜雪の原色重連〜

2010年に入って上越国境は雪景色に。残念なことに家の車が耐雪装備ではないので足が遠のいていた。
ある日曜、なんの当てもなく2071レだけを撮りに新幹線で岩原カーブへ向かうと、いつもは誰もいない撮影地に多くの人が・・・もしかして・・・携帯で見たまま(当時はtwitterは盛んでなかったので、紫板や164kp氏の掲示板を当てに)を見ると、原色重連ではないか!
恥ずかしながら上越国境で原色重連を撮るのは初めて。雪景色、緑の架線柱下を行く原色重連を見れるなんて・・・。
2071レの通過時刻的にもう太陽はあたらないが、フィルムで撮れる露出はぎりぎりある。姿勢を正して待っていると、大カーブから身をうねらせて原色重連牽引の貨物列車が通過。黒H+冷風機付きだけど、まるで国鉄時代の様。これ1カットだけ撮って、一人ニヤニヤしながらスキーヤーに混じり帰路についた。コマ単価高!




d0157980_20213797.jpg

2010.2.14 岩原スキー場前〜越後中里
[PR]
by tsuchitaru | 2014-10-05 20:15 | 鉄道写真 | Comments(0)
<< カシオペア 夕刻のヒガハス いすみ鉄道 小谷松駅発車 >>