上り北斗星乗車記 その3

その2からの続き



ぐっすり寝て、はっと起きたら陸前山王らへんだった。外は朝焼け♪

d0157980_14141565.jpg




夜ずっとEF510はもくもくと走っていたわけだ。

d0157980_14173077.jpg




仙台通過後、6時半から始まる朝食タイムに向かう。もうロビーカーには朝食待ちの人たちがたくさん。
食堂車がオープンし、三たび運良く二人席に着席。
朝食は和か洋を選べる。ここは和をチョイス。


d0157980_14153890.jpg




焼き鮭をメインに、豊富なおかず。ご飯ももちもちでおいしかった。

d0157980_1416266.jpg




矢板、カマス坂、白岡、ワシクリ、ヒガハスと多くの鉄に見送られ快走。
赤羽手前、荒川橋梁あたりで上野到着の放送が入り、ゆっくり上野駅13番線へ入線し到着。結局遅れは20分ほど。16時間越えの列車旅は長いようで超短かった。

中学時代から、さくら、北斗星、エルム、銀河、あけぼののB寝台、だいせんやはまなすの座席、サンライズのカーペット、そしてあけぼののシングルデラックスと乗ってきたが、北斗星デュエットの旅もいい♪
最後の「ブルートレイン」、北海道新幹線開業までがんばってほしい。また乗りたい。
[PR]
by tsuchitaru | 2014-09-27 14:25 | 鉄道写真 | Comments(0)
<< EF66-0番台 早秋の朝 上り北斗星乗車記 その2 >>