上越線備忘録 ~はじめての土樽夜練~

さきほど定期最終の2021レを土樽で見送り。
土樽で見下ろして流すという手法は、能登や北陸がなくなる年に某掲示板でやってる方がいたのが初出と思われる。
なので自分もまねっこだ。


d0157980_13629100.jpg



d0157980_1365330.jpg



当時はEOS50D。それでもISO1600のフィルムで夜間流し撮りしていた人間に撮っては、カラーテレビ登場以来の大革命。
EOS50DはISO3200で面舵一杯。関越の明かりがあるこのポイントが聖地だった。
さ、これから最後の2022レを見送ろうとしよZZZZzzzz...
[PR]
by tsuchitaru | 2014-03-14 01:40 | 鉄道写真 | Comments(0)
<< 上越線備忘録 〜遅れてきたあけぼの〜 上越線備忘録 〜抑止された北陸... >>