ED79 50番台

GWの代休を海峡線ED79 50番台の模型いじりに充当。贅沢な代休。
「買ってすぐ遊べる!」タイプだと思っていたら、ナンバーがプレートでやんの。
ということでプレート穴埋め→部分塗装と意外と手間がかかった。

d0157980_22512995.jpg

1端側。
プレート埋めと各所手すり植え直し、吊りフック取り付けを施行。
屋根上配管の植え直しは面倒くさいのと資料が乏しいのでパス。
部分塗装はドアより前とライトブルー部、屋根。車体の6割近くに及ぶはめに・・・
しかもモリタの瓶塗料がそのまま使えると思いきや、ライトパープルもダークブルーもライトブルーも全然違う!
がんばって調色したけれど、白とダークブルーはいまいち。
窓周りの黒も、よく見るときちゃないなー。
屋根上高圧母線の碍子は、ネットの拾い画像によれば、検査上がりの色はすこし紫がかったダークブルー。かっこいいぜ。Mrカラーの「シアン」をそのまま塗布。


d0157980_22565079.jpg

2端側。
重連総括制御用ジャンパは銀河のKE70開にタヴァサのゴムホースをぶっさして再現。
EF64-1000なみの連結器周りの仰々しさ・・・かっこいい。
ナンバーはジオマトリックスの高級インレタを使用。
早く実写を撮りにいきたい。
[PR]
by tsuchitaru | 2012-07-02 22:59 | 鉄道模型 | Comments(0)
<< 久々の工場撮影 秋田と青森 その3 >>