鶴見線と103系

高熱だして会社をしばらく自宅療養なう。
メタルを聞きながら鶴見線のポジをスキャン。ああ至福(  ・ิω・ิ)


鶴見線から103系が撤退したのは2005年のこと。
へんてこ改造の205系が投入されて一気に置き換えらちまった。

d0157980_18494151.jpg

工場路線だからか、西日の不健康?なイメージの方があっていた気がする。
うん、我ながら意味不明。


d0157980_1850873.jpg

安善駅の日本鋼管の巨大クレーンとのコラボを見たかった。


d0157980_1857839.jpg

乗客でいっぱいの鶴見駅に入線する103系。
私鉄時代の名残で2階部分のホームがある。


d0157980_18553460.jpg

弁天町にて。鶴見から乗った企業戦士は、まずは弁天町で下車されます。旭硝子の方々が多いのか。


d0157980_191289.jpg

弁天町には中原電車区弁天町派出があるので、ここ止まりの列車も多数。


d0157980_18592252.jpg

新芝浦駅は降りたらすぐ東芝京浜事業所。まさかここに・・当時は考えもしなかった。


d0157980_1902927.jpg

運河があるので意外と空が広い。構内踏切も相まって都会とは思えません。


d0157980_1925193.jpg

鶴見線の多くが無人駅なので、立派な駅舎があっても中はがらんどう。


d0157980_1935014.jpg

浅野から安善を望む。駅間500mほどしかないのでよく見える。


d0157980_1951128.jpg

貨物主体のはずが、貨車とのコラボも年々減少。
手前の貨車は疎開中のクム1000


d0157980_1972963.jpg

昼間はつかの間の休憩タイム?


d0157980_1974941.jpg

扇町駅の駅員さん。今でも元気かな。


d0157980_1983548.jpg

武蔵白石駅から安善方面を望む。浜川崎方面からの側線分岐と、武蔵白石方面への本線分岐が入り乱れて実にエモーショナル。


d0157980_1995797.jpg

新芝浦~浅野間にあるクレーン。昔はクレーンの下に日本鋼管の専用線がひかれていたそうな。
色はかわったけれど、今でも現役。


d0157980_19121372.jpg

T2編成は白Hゴムのクハがいました。思わず縦でドカン。


d0157980_1920833.jpg

産業路線なので過剰なメンテなんざされず・・・夏は緑地軌道に。


d0157980_1913988.jpg

工場地帯の鉄路と言えば門型鉄柱。鉄路の上を高圧架空線を通す、実に合理的。


d0157980_19145843.jpg

浅野、武蔵白石、今はなき鶴見川口・・・本線を平面クロスで分岐する模型的省スペース設計が各地で見られるのも工場地帯の特徴かも。


d0157980_19162910.jpg

鶴見線と言えば、鶴見臨港鉄道時代から変わらない姿を今なお残す国道駅が有名。
でも特徴が多いのは線路下なのであまり車両と絡められない・・・しょうがなくホームの特徴的なアーチを入れてバルブ。


d0157980_1911126.jpg

武蔵白石~大川の橋梁を、浜安善駅方面から望む。
まさに工場地帯、大好きな景色。



今見返すと「なぜあのカットを撮らなかった」と「よくこんなカット撮ったな-」が錯綜中。
年取ると好みが変わるのか・・・う~ん、当時の自分の取り方の方が好きだったかも。
103系が撤退してからは、鶴見線を撮るためだけにあの界隈には出かけていない。
T3片手にスナップでも撮りにいこうか。でも205系じゃなー。
[PR]
by tsuchitaru | 2012-05-08 19:21 | 鉄道写真 | Comments(6)
Commented by Sentax at 2012-05-08 22:52 x
いい写真だなぁおい!弁天町のスナップがなかなか渋い…。

猫、高圧鉄塔、国道駅、クレーン。全てが鶴見線に欠かせないアイテムですね。

プリントで見てみたい。
Commented by at 2012-05-09 23:08 x
懐かしい写真をありがとう。
クモハ12が引退した翌年、川越のセンセイと3人で行った鶴見線が
私の最後です。あれ以来行ってない。
その後大川の日清製粉もなくなり、ホキ2200が消え、青梅線のホキもなくなり、
あの界隈も静かなんだろうな~

103系と101系。クモハ12の脇役的存在だったけど、
今にしてみれば良い組合せだった。
マイクロから鶴見線の103系が、鉄コレで101系が出たね。
私は二つとも抑えました☆

大阪では103系がまだ元気。改造されているのもあるけど、紛れもなく103系。
丸いグロベンや二段窓が健在のもある。
最初は驚いたけど、もう見慣れてしまったよ。
是非また103系を撮りに乗りに、大阪へ来てください。
Commented by at 2012-05-10 18:52 x
先輩に初めてお会いしてご一緒に撮影したのが9~10・12~17枚目ではなかったかと思います。
シキを狙いつつも103も浅野から海芝浦、大川と撮影して巡った記憶があります。
当時は編成写真しか撮っていなかったこともあって、浅野や武蔵白石などで撮った構図は新鮮に感じて、随分参考にさせて頂きました。
Commented by コダック at 2012-06-10 00:30 x
>SENTAXさま
鶴見線は特徴が多くて撮りやすかったです。最近こういう写真撮ってないな~

>航さま
日清製粉も、昭和電工も、奥多摩工業も貨物輸送から撤退して、今残っている貨物輸送は太平洋セメント向けの石炭と米タン、時々東芝の変圧器輸送だけなってしまい寂しい限りです。
大阪の103系、好きですよ!大切に使われていて、あれはあれで好感持てます。

>熨斗
そういやそうだったかもね~。最近ああいうスタイルの撮影してないです。車でいって車でかえる・・・そういう被写体しかいなくなったのもあるのかな。
Commented by 風旅記 at 2012-12-04 09:36 x
おはようございます。
私が初めて鶴見線を訪れたときはまだ103系が走っていた頃でした。
今ではステンレスの車両が走り、時代が一つ変わったのだと実感します。
工業地帯や下町風の市街地をゆっくり走る電車に、細かな「らしい」風景がよくかみ合って、撮影も楽しいですね。
今後とも、宜しくお願い致します。
Commented by コダック at 2012-12-30 23:16 x
>風旅記さま はじめまして&訪問ありがとうございます。 自分が初めて訪れたときは、まだクモハ12が走っていました。 旅客はステンレスになり、貨物も減り・・・でも沿線風景は昔のままですね。久々に訪問してみようと思います。 弊ブログはかなり適当な更新頻度ですが、暇なときにでもぜひご覧ください
<< ジャンクな飲み物 中国・平庄ツアー その4 St... >>