Macちゃんかわいい

win95からのドザーですが、すっっっっっかりMac OS Lionにはまってしまいました。。。。

せっかくいろいろ新しくしたので、バックアップ環境も構築してみました。

Mac miniには256GBのSSD(東芝製)と750GBのHDD(日立製)を内蔵させている。
※どうも東芝よりもサムスン製SSDの方が読み込み速度が速いらしいorz

容量は十分だけれど、デジカメバックアップ用にLacieの2big quadra 2TB外付けHDDをfirewire800で接続。
Lacieの2big quadra 2TBは7200rpm S-ATAのHDDが2台内蔵されており、さらに自分で中身を交換できるすぐれもの。ファンも内蔵しているので冷却も抜群。
さらにこいつはビルトインでRAIDが構築できるので、今回は冗長性確保のため、贅沢に1TBのRAID1を構築。デジカメデータや写真データ専用HDDにしてみました。

これだけでも満足だけれど、OSが入っているのはSSD。メカニカルな部品がない分速度が速く、動作も静かだけれどデータ書き換えのたびにトンネル酸化膜の劣化が生じるため、あまり寿命は長くないらしい。
単純にOSだけいれてキャッシュファイルなどはHDDに移す予定だけれど、Macのいいところは起動ディスクを選択できればマシンが死なない、そんな利点を生かすべく、Mac OSに内蔵の「Time machine」というバックアップツールで、Mac OSごとバックアップしてしまおう。

Time machineは、HFS+でフォーマットされた記憶領域であればバックアップ対象に入れられるので、全てのディスクをHFS+でフォーマット(Parallels desktop経由であればwinでも開ける)。
USB接続のLacie minimus 2TBをバックアップ専用ディスクに。

これでSSDがいつ死んでも復元可能!仮想PCもまるごとバックアップされるので
winXPもバックアップされる!
さらにRAID1で写真データ領域も2重でバックアップ!
いやー過剰なくらいのセーフティー構成だこと。


次はメモリの値段が下がったら16GBにしてみよう。


d0157980_1857488.jpg

[PR]
by tsuchitaru | 2011-10-31 22:46 | その他 | Comments(0)
<< 下津井電鉄モハ103-クハ24 新PC構築 >>