EF64-1030とDE10-1565とホキ6600

模型の話題を3つほど。


一つ目は、以前発売された、KATOのEF64-1031 長岡機。
スカート周りやHゴム、各表記が専用仕様になりました。
早速手すりなどの加工をすませ、塗装。気づけば1030号機に!あの小さいJRマークがどうもだめだ・・・

ベース:KATO EF64-1031 長岡機
手すり機:φ0.2真鍮線
ヘッドマークステイ:0.25幅洋白板
配管:φ0.2真鍮線、φ0.3真鍮パイプ
エアーホース:銀河の高級な方
フック:レボリューション屋根上フック
ステップ:ボナファイデEF81グレードアップパーツの一部
所属札:銀河のシール[長岡]
塗装:青・・・モリタ青15号、クリーム・・・クリーム1号:白=1:1くらい

d0157980_2525874.jpg


d0157980_2531314.jpg


d0157980_2532529.jpg

d0157980_2534076.jpg

クイックヘッドマークで、あけぼのや北陸に。

d0157980_254546.jpg

KATOのあけぼの牽引中

d0157980_2542827.jpg

一昔前の尾久?



2つ目は、ずっと前に発売された、KATOのDE10リニューアル車。
暖地形ボデーに寒地形カプラーポケットの併せわざ。
これで非旋回窓+スノープロウ車が出来ます。

d0157980_255471.jpg

車番はレボリューションファクトリーの板車番
本当は側面周りはもっと簡素だけど、面倒くさいのでパス。
デッキ周りはエアーホースと開放テコ取付。

d0157980_257188.jpg

屋根上は2つの扇風機カバー?を外し板でふさぐ、Tomixの無線アンテナを台座を薄く削ってはりつけ。

d0157980_258661.jpg

d0157980_2582392.jpg

タキ5450お2輌ばかり牽引すれば、大川貨物に!?




三つ目はマイクロエースから発売された、ビール用麦芽輸送貨車ホキ6600。
こちらは加工は全然してません。

d0157980_2594782.jpg

d0157980_302100.jpg

ホキ6600はホキ2200より前に登場した粉体輸送貨車で、サッポロビール所有の私有貨車です。
白岡の工場と仙台埠頭/山下埠頭の、主に輸入麦芽を輸送していたようです。
ホキ2200やおなじ麦芽輸送専用ホキ9800より先に形式消滅しました。
製品はサッポロビールの車紋が新旧2種類発売されました。


d0157980_301385.jpg

なんだか麦芽専用貨車だらけwwwどれだけビール好きなんだ。
[PR]
by tsuchitaru | 2011-05-01 03:03 | 鉄道模型 | Comments(0)
<< 京成3300形 ファイヤーオレンジ 震災の爪痕 >>