震災の爪痕

ちょっと古い話題ですが、4月の半ばのクソ忙しい時期、会社帰りに終電を逃しました。
どこか泊まっても良かったのですが、翌日が休みだったので意地でも帰りたく、色々調べた結果東京駅から出ている京成深夜バスでちょっと離れた新浦安駅まで帰れることが判明!早速乗って帰ってみました。

立ち席無しなので着席できるか不安なものの、バスが2台体制で到着、一台は新浦安行き専用車両になっていました。それだけ千葉行きの客が多いみたい。

無事浦安ICを出ると、そう震災で液状化現象になった新浦安第Ⅱ期埋め立てゾーンに突入。
倒れかけた交番にひび割れた歩道のタイル、崩れかかった植え込みを横目に新浦安駅に到着。

ここからは徒歩20分+吉野家で自宅には3時ころ到着しました。
幸い我が家は埋め立てではない地区なので無傷ですが、近くで震災の爪痕を目にしたのは初めて、なかなか感慨深いものがありましたとさ。


d0157980_22534243.jpg

2011.4.16 新浦安駅前の倒れかかった公衆電話とひび割れたタイル、満開の桜。
[PR]
by tsuchitaru | 2011-04-29 22:54 | 写真 | Comments(0)
<< EF64-1030とDE10-... EF64-1000 2題 >>