キハ181 いそかぜ化

先日発売された、KATO製キハ181系。
Yバシカメラのポインヨが貯まっていたので、3輌購入。
キハ181といえば、「つばさ」や「おき」、先日亡くなった「はまかぜ」と思う人が多いでしょうが、自分は「いそかぜ」。しかも米子~小倉時代。

d0157980_22553139.jpg



突き詰めると末期車とモデルではいろいろ差異がある見たいですが(特に非常出口の封鎖)、キニシナイ(゚ε゚)
加工点は以下
・ヘッドマークにTomixのいそかぜシール貼り付け
・黒Hゴム化
・無線アンテナ取付
・前面手すり簡易交換、標識掛け取付
・JNRマーク撤去(塗りつぶし)、JRマーク貼り付け

d0157980_22584942.jpg

パーツの電連はいかにも「プラ」なので、断面や取付足などは黒く塗ってごまかし。
窓下手すりは前のモールドを軽く削って、真鍮線を埋め込む簡易取付にしてごまかし。
所詮はタイプ也。

d0157980_2303290.jpg

1999.3.28 折居~三保三隅 HMがダサいバージョンだオエ。
[PR]
by tsuchitaru | 2011-01-02 23:01 | 鉄道模型 | Comments(2)
Commented by SENTAX at 2011-01-03 20:00 x
>JNRマーク撤去(塗りつぶし)、JRマーク貼り付け
>黒Hゴム化

リアリティを求めるとこうなるのですか・・。
181は悔い残るな。思ったほど撮ってない。
山陰よりも「いなば」を撮りに行ってたけど。
Commented by コダック at 2011-01-04 19:07 x
実車に忠実にするには、撮り鉄泣かせな黒H化がやむを得ません。
せめて模型の中でも原型・原色を・・・という思想もイイかもしれませんね。
<< 鉄コレ東急7000形 箱根登山鉄道モハ1,モハ2 >>