上越線備忘録 ~蘇った「とき」~

国鉄時代の上越線と言えば、181系、183系運転の「とき」でした。
181系は残念ながら全廃されましたが、183系はまだ残党が辛うじて生きています。
新潟運転区に配置された183系は1000番台、もちろん上越仕様。それを千葉向けに改造した1500番台に改造した車輌が残っています。

残った183系のうち、大宮に配属された編制は、6輌編成ながらも正面愛称幕には「とき」を装備し、いつでもリバイバル運転できる様になっています。じつに粋な計らい。
なかでもOM103編成は▽印の特急マークも残しているため、まさに国鉄時代の「とき」が蘇りました。

d0157980_22245031.jpg

2008.11.2 土樽~土合

d0157980_22235354.jpg

2009.12.12 越後中里~岩原スキー場前
背後に雪化粧の谷川岳がうっすら見えました。

d0157980_22253558.jpg

2009.12.13 越後中里~岩原スキー場前
上野方先頭車は文字式の方向幕を装備。
ちょっとさかのぼりすぎかな?あえて白黒で。
[PR]
by tsuchitaru | 2010-10-31 22:26 | 鉄道写真 | Comments(0)
<< 津軽鉄道DD352 上越線備忘録 ~しっとりとした... >>